広 告

日本を元気にする企業 「日本を元気にする企業」は、人、技術、自然、食、教育、医療など様々な分野で活躍している企業をクローズアップして紹介する企業応援サイトです

ITの力の明日を考える

株式会社地域科学研究所

企業URL
http://www.chklab.com

ICTで地域社会の未来を創造する

株式会社地域科学研究所

事業内容 行政×AI(人工知能)システム×まちづくり
AIシステム設計、構築
AIシステムサポート
行政×AI 総合計画構築
行政事務のRPA(ロボティック プロセス オートメーション)
まちづくり公民連携プロジェクト
GIS(地理情報システム)設計、構築
まちづくりワークショップ
FM(ファシリティマネジメント)システム
公共施設等総合計画 個別施設計画など
所在地 大分本社 〒870-0037 大分県大分市東春日町1-1 NS大分ビル4F
TEL 097-536-0076
企業URL http://www.chklab.com

株式会社地域科学研究所
 
プロフィール
株式会社地域科学研究所は“豊かな地域社会の実現”を事業の目的としている会社です。

地方公共団体向けのシステム設計・運用などを中心に、GIS(地理情報システム)を駆使して地域を総合的にコンサルティングしています。システム開発の技術力、スマートフォンアプリも含めたサポート力、充実の体制によりお客様の困っていることを解決する企画力も、備わっています。

地域科学研究所は大分・福岡・鹿児島・熊本・香川・徳島・沖縄と7つのオフィスを拠点としています。
西日本を中心に170以上の地域の課題解決や魅力創造に取り組んでいます。

各地域によって特色は違いますが、私たちが実現したい「豊かで活力ある地域社会」という想いは同じです。

全社員が集結する会議が年に4回あり、それとは別に社員旅行があるため、事務所は違ってもコミュニケーションがしっかりとれる環境があります。これも地域科学研究所の強みです。

地域活性化のプロフェッショナルが集まり全社一丸となって地方の経営をサポートしています。

地域科学研究所公式facebook
地域科学研究所公式Twitter
地域科学研究所公式Instagram

地域科学研究所の歴史

大分本社

地域科学研究所は、1977年に木下不動産鑑定事務所として創業しました。1992年に地域科学研究所へ商号変更を行い、現在に至ります。

当社は、「豊かで活力ある地域づくり」を目指し、事業に取り組んでいます。
様々な分野における仕事を通し、より良い地域社会の実現に向けて活動している地方公共団体をサポートします。新しい考え方やテクノロジーを学び、豊富な知識を有する社員が地域社会の未来を設計・創造しています。
現在、本社を九州の大分に置き、福岡・京都・香川・徳島・和歌山・鳥取・熊本・鹿児島・沖縄に事務所を構えています。各地域で雇用を生み出し、そこに住まう方々が楽しみながら生活できる地域づくりを行っていきます。

地域科学研究所の仕事を知る

地域科学研究所は、これまで地方公共団体に向けて、3000プロジェクト以上の地方公共団体サービスを提供してきました。各地域が抱える要望や課題に対して、プロとしての知識を持った社員が最適な方法で解決策を提案するとともに、地域の価値を創っていきます。
また、当社には“AI(人工知能)”や“GIS(地理情報システム)”などのシステム設計、構築、導入において豊富な実績があります。私たちはその実績を活かし、よりよい地域社会の実現を目指して全力でサポートします。

また、当社ではお客様の大切な情報を守るため、セキュリティ向上と情報管理を徹底しています。国際規格であるISO9001(品質マネジメントシステム)やISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)、ISO27017(ISMSクラウドセキュリティ)などの認証を取得。
お客様にハイクオリティなサービスを提供し続けるとともに、情報セキュリティにおける安全性の確保、個人情報・情報資産をしっかり管理する仕組みを作っています。

さらに、システムをより快適に使っていただくため、システム導入後のアフターフォローも充実させています。初期導入時の操作説明、担当職員様の異動にともなうサポートのほか、担当職員様へのヒアリングや訪問サポートなども定期的に実施。各地域のことをよく知る私たちは、どんなご相談にも対応いたします。

専門的知見を持った社員が最適な解決策を提案

システム導入後のアフターフォロー

システムの設計・構築・導入

地域科学研究所の社員・取り組みを知る

全社会議

地域科学研究所は、“社員一人一人が輝き共に成長していける環境”“働きがいのある職場づくり”を大切にしています。年に数回、全社員が集まってディスカッションを行う全体会議があります。ノウハウや知識を共有することでお互いに高め合うことができ、成長につながります。

たとえば、ソフトウェアの開発をする地域科学研究所のシステムエンジニアは、既存業務だけでなく、未来に向けた新しい技術開発イノベーションのための時間があります。新しい価値やイノベーションを生み出すために、お互いに刺激を与え意識を高め合っています。

また、有志社員にて“自ら学び、共に育つこと”を方針とした「共育塾」を開催。塾で学ぶ内容は業務に直接結び付くこともあれば、講師の方を社外から招待して知識を吸収する会になることもあります。
講師の方からお話を聞いた後はグループディスカッションなどを行い、共育塾で学んだことや考えたことを共有。学習内容を活かし、地域で実践していくことを目指しています。

共に成長する環境を作ることで、地域科学研究所はプロフェッショナルを生み出しています。

地域科学研究所の情報発信をチェック!

地域科学研究所では、以下3つのソーシャルメディアを使って様々な情報を発信しています。

【Facebook】
Facebookでは、主に企業情報を発信しています。
入社式、新入社員との親睦会、採用情報、イベントに参加した様子など、写真付きで掲載しています。
実際にどのような活動を行っているかがわかりますので、当社へ就職をお考えの方はぜひご覧ください。

【Instagram】
地域科学研究所は、西日本を中心に地方の170自治体とつながりがあり、「地方発170便」というプロジェクトを行っています。
プロジェクトの一貫として、各社員が担当するまちを紹介しているのがInstagramです。
そのまちの風景、ヒト、コト、面白いパブリック空間など、写真を通じて様々な魅力をお伝えしています。

【Twitter】
地方発170便の情報は、Twitterでも発信しています。
Twitterでは各県、各市の名産から、あまり知られていないご当地フード、季節の野菜、イベント情報などのお役立ち情報をお届けしています。
あらゆる各地域の季節ごとの魅力がリアルタイムでわかりますので、ぜひチェックしてみてください。

■オリジナルLINEスタンプ 「どこか行こうよ!」お誘いスタンプ
地域科学研究所では、地域のおでかけにぴったりなオリジナルLINEスタンプ「どこか行こうよ!」お誘いスタンプを作成しています。

アウトドア好きなお友達を遊びに誘う際や、休日のおでかけに使える便利なLINEスタンプです。
温泉、ドライブ、釣り、キャンプ、お花見、花火などのアウトドア行事が描かれたスタンプが充実しています。スタンプを見ながら、どこに誘おうかな?と考えてみるのもおススメです。

また、簡単な会話なら、LINEスタンプだけでも可能!お友達もダウンロードしていればスタンプだけで会話が成立します。ぜひダウンロードしてみてください。

facebook投稿「研修合宿」より

Instagram投稿「地方発170便」より

Twitter投稿「地方発170便」より

導入事例紹介

パークヨガの様子

氷川町の竜北公園

地域科学研究所では「パブリックプラス」というプロジェクトに取組み、地域の課題解決に努めています。

私たちはコロナ禍でもできる公共施設の活用方法として、熊本県氷川町様と協力し、氷川町にある竜北公園にてパークヨガを開催しました。

当日は、氷川町内外から約30名が参加。晴天に恵まれ、青空の下清々しい気持ちでヨガを楽しむことができました。また、参加者の皆さんにとって、ヨガを満喫するだけでなく、竜北公園の魅力を感じていただく機会にもなりました。

参加者からはこのような声をいただきました。
「屋外でヨガを行うのは初めてでしたが、景色を見て自然の音が感じられる新鮮な体験でした。」「今まで公園の横の国道を通るときに見かけるだけでしたが、実際に訪れてみて想像よりも広く、開放感を味わえました。」「ロケーションがよく、のどかな田園風景を眺めながらヨガを行うことで気持ちがリフレッシュしました。」

今後も、私たちは公共施設の新しい活用法を見出していきます。

採用スペシャルサイト

AIエンジニアの仕事風景

後輩への指導風景

地域科学研究所は、採用スペシャルサイトを開設しています。
サイトでは、当社の経営理念をはじめ、事業内容、研修制度・福利厚生、会社案内動画などを掲載。また、求める人財やキャリアストーリーなど、当社をより知ることができる多彩な情報をご用意しています。

当社は、「豊かで活力ある地域社会づくり」に寄与することを目的に、あらゆる方面から地方のサポートを行っています。地方における働き方改革や、当社のスローガンでもある「地方に住み知的な仕事をして、豊かに生きる」を実践できるよう活動しています。当社には、AI人工知能エンジニア、システムエンジニア、システムデザイナー、システムサポート、まちづくりディレクターがいます。私たちは、その全員が貴重な人財であると考えており、それぞれがゆっくり着実に育つことができる環境を整備しています。

私たちは上記のスローガンを掲げ、当社の持つ技術を通し、社会に寄与することに努めていきます。お客様のお困りごとを解決するために自分自身を高めたい、成長したいと考えている方は、地方の課題を解決に導くプロフェッショナルチームの一員として、私たちとともに働いてみませんか?

また、当社では、インターンシップの受付を行っています。システム設計・開発、アプリの設計・開発、GIS(地理情報システム)に興味をお持ちの方、業務を通じて「まちづくり」を考えたい方は、ぜひ実践型インターンシップにご参加ください。
ご希望の方は、採用スペシャルサイトにて詳細を掲載しておりますので、サイトよりお問合せをお願いいたします。また、何か疑問点などがある場合は、採用についてのよくある質問をまとめた「採用Q&A」もご参考ください。

子どもと作る地図・GISシステム(地理情報システム)

子どもと作る地図・GISシステム(地理情報システム)

白地図にふせんメモをはってマップ作り

地域科学研究所は、鹿児島・沖永良部島にある和泊町立内城小学校にて、子供たちと一緒に「通学路安全マップ作り」を行いました。
GIS(地理情報システム)や地図、ICT技術へ興味をもっていただけたらと思い、このイベントを開催しました。

GISが入ったアプリや現地調査端末を使いながら通学路を歩き、「110番の家がある」「ガードレールがない」などの発見をしながら、危険な場所・安全な場所を地図に書き込んでいく子供たち。車でしか通ったことがないという保護者の方も、「安全マップ作り」を通じて新たな気づきがあったようです。

また、作成した「通学路安全マップ」を使って特別授業も開催されました。

インターネット上の地図では、通学路がこういう風に見えるんだよ、と地図の面白さを学ぶ子供たち。建物の場所を地図上で当てるクイズ大会や、前回挙がった「観光マップを作りたい」「町のいいところマップを作りたい」という声をもとにした「和泊町のいいところマップ作り」などを行いました。
3チームに分かれて行った地図作成。完成した地図を6年生に発表してもらいました。小学校の近くに注目したチーム、日頃の気づきを書いたチーム、和泊町全体の紹介をしたチーム、と各チームの個性が光っていました。

短い時間であったにも関わらず、大人とは違う視点の地図の出来上がりに感動を覚えると同時に、ここまでの地図を作ってくれた子ども達から『地図の面白さ』というものを私たちが学ばせてもらった一日でした。
和泊町だけではなく、当社にとっても初めての試みとなりましたが、子供たちの力と多くの方のご協力を得て素敵な地図ができました。今回の企画を活かし、今後はシステムに触れる機会に挑戦しようと考えています。


和泊町立内城小学校で作成した「通学路安全マップ」は下記にて公開中です。
http://gis.chklab.com/chkmap/wadomari

地域での体験プログラム・ワークショップ

農業体験「いなかの風」

酒蔵ワークショップ

地域科学研究所では、地域の方々と協力し、体験プログラムやワークショップを行っています。

朴木オフィスとしてお借りしている大分県由布市の旧朴木小学校にて、農業体験「いなかの風」の開講式が行われました。

当社の社員も参加し、農業体験をしてきました。地元の方が先生となり、総勢10名ほどで一緒に畑を耕したり、田植え準備の苗づくりなどを行いました。お昼には地元の方が作ってくださった美味しい料理を青空のもといただきました。農業に開墾から収穫まで関わるというのは、なかなかできることではありません。貴重な体験ができるこのプログラム。旧朴木小オフィスを通して、地元の方とともに新しい体験ができています。

また、大分県豊後大野市商工観光課様協力のもと市内の酒蔵にてワークショップを行いました。
3チームに分かれて市内4つの酒蔵を訪問し、製造されたお酒を味わいながら、地域の活性化やお酒のことなどについて酒蔵の方々と意見交換を行いました。

他にも、公共施設の「経営」について考える社内研修企画として、サウンディング調査ツアーを大分県竹田市内4つの公共施設を対象に行いました。施設の運営方法・経営改善案などについてディスカッションを行い、市職員向けのプレゼンテーションも実施しました。

地域科学研究所と日蘭建築文化協会とで、大分県竹田市の城下町エリアビジョンを考える“クリエイティブディスカッション”というワークショップを開催。
将来のまちがより面白くなるためのビジョンづくりを、オランダ人建築家を招待し、町の方々や大学生の方々と一緒に実施しました。

このような体験プログラムやワークショップをきっかけに、私たちは地域の方々と協力し合い、「豊かで活力ある地域社会づくり」を目指していきます。

戻る

企画・運営
ステッチ株式会社「日本を元気にする企業」事務局

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-5-5ヒューリック大手町北ビル7階

https://www.stitch-pro.jp/

個人情報保護方針について

協賛企業の募集について

当サイトに掲載していただける協賛企業様を募集しています。詳細については、下記までお問い合わせください。

「日本を元気にする企業」事務局

03-6260-7275[平日10:00〜18:00]

お問い合わせフォーム
Copyright ©2020 Stitch Co., Ltd. All Rights Reserved