広告企画 読売新聞社広告局

読売新聞 オンライン

優れた技術力の明日を考える

株式会社パイテック

企業URL
http://www.sakurai-gr.co.jp/

丸棒一本をご用意したら、あとはお任せください。

株式会社パイテック

事業内容 1941年に創業した桜井鉄工所を中核とする当グループは、加工技術において世界的に見ても高水準を誇る“匠”の集団。創業から70年以上にわたって、重工業の分野に対応した超大型加工技術と、ミクロン単位で製作・加工を仕上げる超精密加工技術を追求し、業界内で確固たる地位を獲得してきました。大型ロール・長尺シャフトの補修・再生・新作は当グループへお任せください。
所在地 〒557-0063 大阪府大阪市西成区南津守5丁目12番10号
企業URL http://www.sakurai-gr.co.jp/

株式会社パイテック
代表取締役社長 櫻井 伸也
プロフィール
株式会社パイテックは、1941年に創業した株式会社桜井鉄工所を中核とするサクライグループの一員として、製鉄・製紙をはじめ機械部品の加工や製作を通じ、日本産業の発展に貢献してきました。創業以来追求してきた加工技術や、実績の上に生み出されたオリジナル製品などは様々な分野において高い評価をいただき、業界内で確固たる地位を獲得。中でも各種産業ロールにおける鏡面加工など加工技術の精緻さは、他社の追随を許さないものと自負しています。

また、その他の分野で原子力発電所に利用されるポンプ主軸の製作などインフラ整備の一端にも携わり、社会的重責の一翼を担っています。今では“西のサクライ”として様々な分野から厚い信頼を賜り、北海道から九州まで、大手企業をはじめ多くの会社と取引をしています。

パイテックの強みは、なんといっても高い技術力にあります。当社は「匠」が主役となるモノづくりの会社。誰もが知る大企業から感謝状を多数いただき、当社でしか造ることができないからとご注文をいただけるのは、モノづくりの会社として冥利に尽きます。世界に誇る高い技術力を強みに、様々なご要望を実現しています。

発電所のタービンや大型船舶のシャフト、橋に使用される部品など、当社の製品はあまり人目に触れるものではありません。しかし部品・軸として無くてはならない極めて重要な製品です。製鉄から製紙、化学、食品、エネルギーなど、様々な分野で、黒子として日本の発展・暮らしを支えています。

長尺シャフト・大口径ロールに対応する“匠”の集団

丸モノ加工の老舗企業

サクライグループは、創業70年を超える長い歴史の中で培ってきた技術力を武器に、ロール加工・シャフト製作を主な事業として展開。中でも長尺シャフト・大口径ロールの分野で実績を積み重ねてきました。

■長尺対応
シャフト製作では、一般的に「6,000mmを越えると精密な加工が難しくなる」と言われています。それは、品物が長くなればなるほどしなりやたわみ、振れなどが大きくなり、加工作業に影響を与えるためです。しかしサクライグループのシャフト製作では、最長で20,000mmの長さに対応可能。長尺シャフトの製作に対応できるのは、長年にわたり追求してきたオリジナルの加工技法と、それを扱う高い技術力を持った職人の養成、機械設備の導入に力を入れてきたからです。

■大口径対応
大口径ロールの加工を実現するには、機械設備の対応スペックが重要となってきます。そのためサクライグループでは、研削機や旋盤機といった直接加工にかかわる設備はもちろん、品物を吊るすためのクレーンなども最大40トンの大型スペックを搭載。最大加工径2,100φの大口径対応を実現しています。また、サクライグループではただ削るだけでなく、鏡面ロールなどの円筒鏡面加工・高面粗度加工といった表面加工にも高い精度で対応。特に製鉄や製鋼、製紙、化学などの分野で用いられる超大型ロールにおいて、非常に多くの製作実績を誇っています。

パイテックは、そんなサクライグループの中でも小型ロール・大型ロールを中心に取り扱っています。大型ロール・長尺シャフトをはじめとする「丸モノ」の加工は私たちサクライグループへお任せください。

パイテックの企業理念

「丸モノ」加工の技術と実績には絶対の自信を持っています。

パイテックでは「丸棒一本をご用意したら、あとはお任せください」を理念に、ロール加工・シャフト製作を行っています。

世界トップクラスの加工技術を誇る“匠”の集団として、創業70年以上にわたって産業の発展に貢献してきた確かな技術力。
長年にわたりロール加工・シャフト作成の分野一筋に蓄積したノウハウ。
そして先見性のある設備・技術の導入により私たちパイテックのサービスは、材料調達を除くほぼすべての加工工程を網羅するまでに到達しました。
シャフト・ロールの材料となる「丸棒」をご用意いただければ、研削から鏡面研磨、旋盤、フライス、バランス、仕上げ、検査、そして納入搬送にいたる全工程をグループ単独で実現するワンストップサービスを構築しています。

商品の納入搬送には、サクライグループで保有している自社トラック(2トン・3トン・3.5トン・8トン・25トン)を使用。
仕上げ・検査を終え完成した品物は、当社が責任を持ってお客様のもとまで納入しています。
また、自社トラックを活用することにより、夜間の配送やお急ぎの場合は即時配送など、お客様の都合に合わせた柔軟な対応が実現。
このワンストップサービスは、工程管理の省略・コスト削減・短納期化の実現といった付加価値により、お客様からも高い評価をいただいています。

優れた製品や技術を迅速かつ適正コストにてご提供すること。これこそがサクライグループの大きな強みです。

パイテックの人材育成

現場社員の加工スキルを高める努力を惜しみません。

桜井鉄工所・パイテック・伸明ロール工業の3社からなるサクライグループは、業界内では“西のサクライ”と称され、高い知名度を誇る国内屈指の製造加工メーカー。その根底を支えるのは、何よりも高い技術を持った“匠”の存在です。サクライグループの中でも、大経口ロールや長尺シャフトの最終仕上げをこなすことができる人財は、わずか一握り。そこでサクライグループでは、“匠”の育成にひときわ注力して取り組んでいます。

■QCサークル
各職場内にて月に一回ミーティングを実施し、3ヶ月に一回グループリーダーが本社で取り組みなどに関する成果発表会を実施しています。品質や生産性向上のための取り組みです。

■技能検定取得支援
「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」である技能検定取得及びその推奨活動に取り組んでいます。現在、サクライグループ全体の技能検定取得者は17名にもおよびます。

■キャリアアップ支援
高品質・高付加価値製品の創造を追求していくため、“人材育成”には一層力を入れて取り組んでいます。自己啓発や各種セミナー、業界研修、工業会などを活用することで、社員のスキルアップ・キャリアアップを支援しています。また、グループ内では“匠”による実践レクチャーなども開催し、優れた加工技術を次世代に受け継げるよう取り組んでいます。

サクライグループでは、2011年12月に品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO9001:2008/JISQ9001:2008」を取得しました。お客様に信頼していただける安心・安全・高品質な製品づくりと、更なる品質向上に取り組んでいます。

パイテックの生産能力

NC化による効率追求

サクライグループの生産現場では、NC(Numerical Control)化を推進しています。「一人多台持ち」を基本とする生産管理によって各工程の省力化、無人化を図り、より確実で効率的な生産システムを構築。加えて、日頃から量産体制を昼夜2交代制により、生産能力の向上を実現。効率を追求した生産システムがサクライグループの短納期化を可能にしています。

また、桜井鉄工所・パイテック・伸明ロール工業の3社によるグループ間の連携を密にとることで、柔軟性のある生産能力を確保。突発的な緊急案件を承った際に、当該案件に必要となる設備機械がフル稼働中であった場合にも、グループ内で業務を振り分け、連携し合うことで必要な生産能力を適宜確保することができます。グループ3社が持つ生産能力をフルに活用した総合力により、突発的で緊急性の高い案件にも柔軟に対応します。

また、サクライグループはロジスティクスも強みの一つ。当社が最終製品へと仕上げた品物を、自社トラックにより責任を持ってお客様のもとまで納入しています。自社トラックを活用することで、特に緊急性の高い案件の即時配送や夜間の配送など、お客様のご都合に応じた柔軟なデリバリーを実現。短納期化につながっています。

サクライグループは、柔軟な生産能力と配送能力、そしてNC化を基本とした効率的な生産システムにより、全社をあげて短納期・緊急案件に対応します。

パイテックの技術

卓越した技術とノウハウ、そして独自のシステムによる“高品質の追求”

パイテックでは、鉄から学び、こんにちまで磨き上げてきた“高品質の追求”こそが安全な社会基盤の礎であると考え、卓越した技術とノウハウ、そして独自のシステムによってよりよい未来の構築に貢献し続けたいと考えています。

■精緻~ミクロン単位でシビアな公差に挑む~
ロール類の真円度・円筒度・振れでは0.003mm、面粗度は0.05sの加工精度を実現。卓越した研削によりミクロの領域で高品質なニーズに対応しています。

■迅速~パーフェクトな独自システムで実現~
原料の調達から設計、効率的な一貫生産、納品。独自の技術を存分に生かす工場設備と、円滑なロジスティックスを実現。多彩かつハイクオリティな製品にニーズに、迅速に対応しています。

■多才~卓越した鏡面加工を礎に新領域に挑む~
中でも特に強みとしているロール鏡面加工における高度な技術力を、重工業の発展を支える超大型ロールや長大シャフト加工、安全を支える精密加工部品など、マクロとミクロの領域に展開。新素材や難加工素材にも積極的に挑戦しています。

■信頼~万全の管理体制で高品質を安定化~
常に安定した品質を維持するための徹底的な生産管理。そこに、厳格な品質管理を組み合わせることによって、高品質な製品のみをお客様へ提供することが可能となり、厚い信頼の獲得にもつながっています。

圧倒的なスケールを誇る新型設備や、多彩なニーズに対応する独自システム。そして、鉄を知り尽くした匠の持つ卓越した技術とノウハウ。サクライグループは、そんな“高品質の追求”によって、重工業をはじめとする幅広い領域の“よりよい未来の構築”を支えていきます。

パイテックの高精度加工

パイテックの高精度加工

原子力発電所のポンプ主軸をはじめとする超精密重要部分は、1,000分の1mmの世界のシビアな公差が求められます。サクライグループが取り扱っているのは、そのような誤差が許されない製品。しかし私たちは高い技術力によって、長年その要求にこたえ続けてきました。現在パイテックではロール類の真円度・円筒度・振れ0.003mm、面粗度は0.05sという加工精度を誇り、急ごしらえでは決してマネできないモノづくりだと自負しています。

■品質管理体制
サクライグループは加工精度の向上のため、多様な施策に取り組んでいます。サクライグループの高精度加工を根底で支えているのが、最新機械設備の導入や国家技能検定の取得、生産体制の改善などです。
ミクロン単位の精度を保つために、そのほか作業環境にも細かい注意を払っています。手掛ける製品の素材によっては、気温により長さ、体積がミクロン単位で増減し、出来上がる製品の精度に影響が出てしまうからです。そのため、サクライグループでは徹底した「加工環境管理」「測定環境管理」「測定機器管理」を行っています。自社で厳しい管理体制を敷き、検査を行うことで、厳しい公差に対応しています。

その絶え間ない技術研鑽と品質保証体制の確立により、当社は多くの大手メーカーからパートナー企業として認定、信頼を得ています。

パイテックのキャリアプランと求める人物像

パイテックで働く

パイテックでは2つのキャリアプランから、自分に合う将来のビジョンを目指すことができます。

1つ目は、スキルを磨いて成長し、“匠”を目指していくキャリアの重ね方です。自分だけの技術を身につけ、周りから頼りにされるような人材を目標にしていただきます。“匠”とは、まさしく我が社を技術で支えるスペシャリストであり、花形。グループ全社員が憧れる存在です。

2つ目は、次世代の経営幹部を目指していくキャリアの重ね方です。当社が有している技術や実績を活かし、どのようにしてさらに業績を伸ばしていけるかを考えられる人材を目標にしていただきます。そのためには、フレキシブルな発想力、そしてそれを叶えるためのバイタリティが必要です。当社のブレーンとして、経営に責任を持つ重要なポジションです。

当社では様々な経験を積みながら、将来のなりたい自分を目指せる環境があります。キャリアプランはご自身の適正と意向を考慮しながら決めることができるので、安心です。

■サクライグループが求める人材像
・何かを追及して極めたいという職人思考を持った方(向上心を持った人)
・最後まであきらめない粘り強さをもった方
・自ら掴みに行く姿勢をもった方(自分の限界を自分で決めない人)
・難しいことにチャレンジするのが好きな方
・自分中心ではなく周りに気配りができる方

当社ではそのような方々と『BEST of JAPAN』を目指していきたいと考えています。

パイテックの特徴

原子力ポンプ主軸

■創業70年以上、歴史の深い老舗企業
サクライグループ、およびパイテックは、シャフトの製作やロールの加工のエキスパートとして、70年あまりの長い間、安定した経営で業績を伸ばし続けている“匠”の集団です。老舗ではありますが、いわゆる閉鎖的で古臭いような企業体質ではまったくありません。最新の加工技法を積極的に取り入れ、日々進化する機械部品に対応するため技術を磨いている、チャレンジ精神の塊のような集団です。

■西日本NO.1の実績。国内屈指の製造加工メーカー
業界の中で、サクライグループは“西のサクライ”と通称されており、その名前はトップレベルの知名度を誇っています。当グループのお客様には大手企業も多く、長年の間ご信頼をいただいています。公には発表されませんが、原子力発電のポンプ軸や船舶のタービン主軸など、サクライグループの仕上げた製品は、隠れた場所で皆様の生活を支えています。

■アットホームな社風
“匠”の集団というと、師弟関係などのように厳しいものを連想しますが、サクライグループの社風はとてもアットホームです。分からないことは気軽に質問でき、先輩や上司が丁寧に仕事を教えてくれます。人間関係に悩むことなく、仕事に集中できる環境はサクライグループの強みです。

会社説明会や個別説明会など随時行っています。
興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

■福利厚生
サクライグループでは手厚い福利厚生制度で、働きやすい企業を目標としています。
「インフルエンザ予防接種」「資格手当」「持ち家補助」「借上家賃補助」「社員旅行」「人間ドック」「全工場冷暖房完備」「家族手当」「子供手当」「出産祝い金」「スーツ補助」「結婚お祝い金」「弁当手当」

品質保証・取り組み

品質保証

サクライグループでは、平成23年12月、お客様に信頼される「安心」「安全」「高品質」な製品づくり目指し、品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001 : 2008/JISQ9001 : 2008」の認証を取得致しました。これからも品質マネジメントシステムを効果的に運営し、益々の「安心」「安全」「高品質」を叶えられるよう努めて参ります。

■品質方針
サクライグループは「ロール」「シャフト」「製鉄製鋼用機械部品及び長尺シャフト」「石油」「製紙」「印刷」「船舶」「化学などの各種産業用機械部品」「原子力ポンプ軸」「タービンローターなどの原子力関連部品」を、最高の技術力を用い、高品質の製品で顧客の要望に応えます。常に挑戦創造し社会へと貢献、会社が繁栄することを経営理念として次のように品質方針を定めます。

1、お客様の求める要求品質と納期を満足でき得る管理体制を確立する。
2、品質マネジメントシステムの構築・実行・維持・継続的改善及び業務の標準化を推進し、顧客に
信頼される品質と納期を保証する。
3、全従業員の品質に対する意識の高揚を図るため不断の教育・訓練に努め顧客満足を確立する。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
株式会社レンブラントホールディングス
人を起点とした様々な繋がりや絆づくりを実現
株式会社三昭堂
昭和三年三月に創業した私たち三昭堂は、信頼と実績で次代の“扉”を開きます。
コナミホールディングス株式会社
私たちコナミグループは、「価値ある時間」の創造と提供を通して、常に期待される企業集団を目指します。

戻る