ITの力の明日を考える

株式会社地域科学研究所

企業URL
http://www.chklab.com

ICTで地域社会の未来を創造する

地域科学研究所の実績(1)地域科学の実践

宇和米博物館(愛媛県西予市)

宇和米博物館での職員様向けセミナー(2017年9月実施)

地域科学研究所は、地方公共団体向けサービスを通じて様々な地域と関わり、そこに暮らす人・働く人にとって誇りある地域を目指しています。ICT技術、公共施設の活用、地図など、地域科学研究所だからできることや地域の人と共にできることをテーマに設定し、共に考え楽しみながら実践していきます。

2017年9月に愛媛県の宇和米博物館で行った職員様向けセミナー。
ここは、小学校で活用されていた校舎を移築し博物館として生まれ変わった施設です。教室として使われていた場所を会場として活用し、当時使われていた机やいすを利用しました。愛媛県内のご担当者様に西予市のまちづくりについて地方公会計の活用や固定資産台帳の公表に関する内容をご紹介。いつもと違った雰囲気の中で学ぶことで楽しめていただけたのではないかと思います。

地域科学研究所の実績(2)地方発イノベーション

社員が自らの持ち味や興味のあることを発揮できる機会が地域科学研究所には多くあります。国内外で行われる研修に積極的に参加し、新しい考え方や技術を習得し業務に活かしています。
スマートフォン向けアプリなどの新規開発やICTを生かした地域イベント企画にも「自由課題」として取り組んでいます。ICT技術で地域のイノベーションを起こし、地域社会の未来を創造することを目指しています。

地域科学研究所の取り組み(1)環境への取り組み

地域科学研究所が目指しているのは、人と自然が共生する豊かな地域社会を持続していくことです。

私たちの生活と自然との関わりを大切に、共生するための具体的な活動を実践しています。
そのため「エコアクション21」をはじめとする環境への取り組みを積極的に行っています。
環境問題へ取り組むことがどれだけ重要かを社員一人一人が認識することで、環境に関する知識を深めることに努めています。

他にも「道守」を通じて地域や社員同士のつながりを考え、地域科学研究所では清掃活動を実施しています。社員は、就業前30分間の清掃活動を月に1回行っています。気持ちを込め、社外も含めて環境整備することでより良い品質づくりの意識につなげているのです。

地域科学研究所の取り組み(2)社員共育

地域科学研究所では勉強会や委員会活動も有志社員により行われ、仲間と共に働きがいのある職場づくりを行っています。

たとえば、希望者が月に1回開催している「共育塾」は、自ら学び共に育つというコンセプトのもと行われます。直接業務に結び付くものもあれば、講師を社外から招いて見聞を広める会になることもあります。
意見交換をすることやグループ討論での発言の仕方の訓練にもなり、お互いのいいところを尊重しながらも学び合うことができるのです。

地域科学研究所の食と農委員会では「おべんとうの日」と称して、希望のみですがランチタイムに1人1品持ち寄って食べるという会を実施しています。
毎回異なったテーマを決め、それに合ったおかずを各々持ち寄ります。みんなでワイワイと分け合いながら食べることで社員同士の距離も縮まり、毎回にぎやかな会となっています。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
株式会社Casa
私たちは「本気で変えよう、楽しく創ろう」をスローガンに、新たな「暮らし」を創るフロントランナーを目指しています。
クレバーブリッジ株式会社
多通貨,多言語,多決済対応により、グローバルビジネスを支援
株式会社コムデザイン
「人と人を結ぶ」をモットーに、コールセンター運営に必要なCTI機能を、安価で柔軟なクラウドサービスで提供しています。