広告企画 読売新聞社広告局

読売新聞 オンライン

ITの力の明日を考える

コナミホールディングス株式会社

企業URL
https://www.konami.com/ja/

私たちコナミグループは、「価値ある時間」の創造と提供を通して、常に期待される企業集団を目指します。

コナミホールディングス株式会社

事業内容 1969年の創業以来、コナミグループは時代の変化を敏感に捉えチャレンジを積み重ねることで、創造と革新を生み出してきました。
今では「エンタテインメント」と「スポーツ」の2つの分野で、デジタルエンタテインメント事業、アミューズメント事業、ゲーミング&システム事業、スポーツ事業の4つの事業を展開し、さまざまな商品・サービスを人々に提供しています。
所在地 本社 〒107-8324 東京都港区赤坂9丁目7番2号
TEL 03-5770-0573
企業URL https://www.konami.com/ja/

コナミホールディングス株式会社
代表取締役社長 上月拓也
プロフィール
平素よりコナミグループの商品やサービスをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

弊社グループは、本年3月21日をもちまして、創業50周年を迎えました。
私たちが今日まで成長を続けてこられましたのは、お客さまをはじめ、従業員を含む関係各位の皆さまのおかげであると、心より感謝申し上げます。

弊社グループは、「エンタテインメント」と「スポーツ」の2つの分野で、「デジタルエンタテインメント」「アミューズメント」「ゲーミング&システム」「スポーツ」の事業を展開しており、これら事業での良質な商品やサービスの提供を通して、皆さまのより健やかな生活のお手伝いをさせていただくことが、社会における私たちの重要な役割であると考えております。

1969年の創業以来、私たちは、時代の波頭をとらえた革新的な商品、サービスを世界中に提供することで、新しい楽しさをつぎつぎと創出することに努めてまいりました。
これからもコナミグループは、皆さまからの信頼とご期待にお応えしながら、次の50年に向けて、一丸となって新たな波頭をとらえるべく挑戦を続けてまいります。 引き続き皆さまのご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

コナミホールディングス株式会社
代表取締役社長 上月拓也

デジタルエンタテインメント事業

KONAMIは、1980年代の家庭用ゲーム機の誕生とともに、いち早く家庭用ゲームの制作を開始しました。
今日に至るまで、独創的で新しいエンタテインメントを提供し続けおり、現在では、人気コンテンツを活用したカードゲームの制作や、昨今成長が著しいモバイルゲームの制作・配信をしています。
また、長きに渡り愛されているゲームブランドの魅力をさらに磨き続けていくと共に、ハイエンドからカジュアルまで幅広いゲームジャンルを様々な場面でお楽しみいただけるよう、ファンイベントやeスポーツ大会などの取り組みを世界規模で進めています。

ゲームをスポーツ競技として捉える「eスポーツ」は、米国やアジアなどを中心に盛り上がりを見せており、大会の観客や視聴者はリアルなメジャースポーツに匹敵する規模へと成長を続けています。KONAMIは2001年から「ウイニングイレブン」シリーズ、2003年から「遊戯王オフィシャルカードゲーム」の世界選手権を、国内では2016年から「実況パワフルプロ野球」シリーズによる日本選手権を開催しています。また、2018年には、一般社団法人日本野球機構(NPB)と共同で、プロ野球史上初のeスポーツリーグ「eBASEBALL」を開催するなど、新しい挑戦を続けています。KONAMIは、今後も、こうした取り組みを通じて、eスポーツのすそ野を拡大していきます。

また、KONAMIは、急速に普及したモバイル端末に向けて、グローバル市場では、「ウイニングイレブン」(海外名「PRO EVOLUTION SOCCER」)シリーズや「遊戯王 デュエルリンクス」、国内市場では、「実況パワフルプロ野球」や「プロ野球スピリッツA(エース)」などのモバイルゲームを制作・配信し、多くのお客さまからご好評を頂いています。

アミューズメント事業

アミューズメント事業では、アミューズメントマシンの制作・製造・販売を手がけています。
グループ創業時からのビジネスとして、これまで数多くのチャレンジを積み重ね、「beatmania」シリーズや「DanceDanceRevolution」シリーズなどを始めとする、音楽ゲームのムーブメントを作りだしました。
また、全国のアミューズメント施設をネットワークで繋ぐ業界初の取り組み「e-amusement」サービスを提供するなど、常に業界のトップランナーとして、「面白い」・「楽しい」をお届けしています。
アーケードゲームは、家族で楽しむレジャーとして定着しており、ニーズが多様化しています。
幅広い層に楽しんでいただける商品やサービスを、引き続き積極的に提案していきます。

ゲーミング&システム事業

ゲーミング&システム事業では、スロットマシンやカジノ・マネジメント・システムの開発、製造、販売、サービスを手がけています。
信頼性と、技術革新やエンタテインメント性の高いコンテンツにより、誰もが楽しめるゲーミング機器を提供しています。
ゲーミングビジネスは、政府や州による健全性・適格性等を問う厳格な審査に合格し、その後も継続的にライセンスの審査が必要とされる許認可ビジネスです。
KONAMIは、高いレベルでの企業コンプライアンスを実現しながら、ゲーミングが合法化されている各市場に向けて、ゲーミング機器及びカジノ・マネジメント・システムの開発・製造・販売・サービスを提供し、世界の市場より高い評価を頂いています。

スポーツ事業

コナミグループは、スポーツ事業として、フィットネスクラブ、スクールの運営、およびスポーツ関連商品の制作を手がけています。
全国展開するコナミスポーツクラブでは、「続けられるスポーツクラブ」として、通いたいペースと利用したい施設を組み合わせた料金プランを用意し、長年にわたってお客さまの健康をサポートしてきました。
また、「運動塾」として、スイミング・体操・ダンス・サッカー・テニス・ゴルフなどのスクールを運営し、お子さまがチャレンジできる環境を幅広く提供しています。
とくにスイミングと体操については、スクールから世界を目指す競技部まで一貫した体制で世界レベルでの活躍を支援しています。
そして、社員である体操競技部・水泳競技部の選手がオリンピックで活躍するなど、スポーツの普及・拡大にも寄与しています。

「続けられるスポーツクラブ」として、お客さまのライフスタイルに合った、通えるペースと利用したい施設を組み合わせた独自の料金プランをご用意。利用頻度に応じて複数のプランから選択が可能です。

更に、全国の施設を4つのカテゴリに分類し、利用したい施設と頻度によってプランを選択していただけます。
アドバイスシート、個人に合わせた運動カウンセリング「マイフィットプランナー」など、続けられる施設利用サポートがあります。

また、「初めて」から「競技志向」まで一貫したサポート体制が特徴。「運動塾」はコナミスポーツクラブの子供向けスクールです。スイミングをはじめ、サッカー、ダンス、体操など競技種目が多数あり、お子さまの挑戦を幅広くサポートします。スイミングは0歳児からスタートすることが可能で、スキルに合わせてステップアップができます。スイミングと体操については、スクールから選手、世界を目指す競技部へと一貫サポート体制が整っています。

コナミグループブランドについて

コナミグループ ブランドロゴ

コナミグループのブランドコンセプト:
時間の消費から「価値ある時間」の創造へ。あらゆる生活場面を、輝く時間に変え、ひとびとの“人生”を“High Quality Life”にします。

コナミグループのブランドロゴ :
「Contemporary Quality(コンテンポラリー・クオリティ)」をテーマに開発されたこのコナミグループブランドロゴは、ボールド感のあるセリフ書体を基本に、品質の良さと安心感を表現しています。同時に動きを感じるセリフをアクセントに入れることによって、風のようなさわやかさを表しています。コナミグループの革新性と創造性を基本におきながら、ハイクオリティライフを実現する企業としてふさわしい品格と信頼感、躍動感を表現しています。

コナミグループのブランドカラー:
コナミレッドは、親しみやすさの中に品質の良さを感じさせるカーディナルレッドです。より良く、楽しい生活を実現するための、感動と信頼をご提供するコナミグループの企業姿勢を表現しています。

財団活動ー上月財団の取り組みー

一般財団法人 上月財団は、弊社の創業者であり現会長の上月景正によって1982年に設立された、財団法人 上月教育財団を母体としています。同財団は、弊社の大株主であり、コナミホールディングス株式会社の配当金によって運営され、35年以上にわたるあゆみを通して、スポーツ・教育・文化の振興と発展、並びにより良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業を展開しています。

スポーツの分野では、日本を代表し、将来が期待されるスポーツ選手・指導者に対して競技能力の向上を図り、スポーツ活動に打ち込める環境を整えるための「スポーツ支援事業」、スポーツ競技統括団体等が実施する国際的または全国的規模の大会や競技会の開催を助成する「スポーツ団体・競技大会助成事業」を展開しています。また、財団が支援している選手・指導者を対象に、オリンピック競技大会・世界選手権大会等において、優秀な成績を収めた選手・指導者を表彰する「上月スポーツ賞」を毎年実施しています。

教育・文化の分野では、クリエイター(デジタルアーティスト・イラストレーター・漫画家等)を目指している15歳から25歳くらいまでの方々を助成する「クリエイター育成事業」と、教育・文化の振興と発展に寄与し、より良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業を推進する団体等を支援する「教育・文化・社会支援事業」に取り組んでいます。

一般財団法人 上月財団は、理事長の上月景正を中心に常にこれからの時代が必要とする事業展開を模索しながら、より一層の社会貢献を果たしてまいります。

コナミグループのCSRの取り組み① 社会とともに

コナミグループでは、それぞれの事業活動を通し、さまざまな社会貢献の取り組みを行っています。

デジタルエンタテインメント事業では、2016年に発生した熊本地震で被災した子どもたちに遊びの場を提供するイベント「くまもとキッズ博 2016」に協力し、KONAMIのカードゲームで子どもたちにたくさんの笑顔と元気をお届けました。

東日本大震災の復興支援では、高齢者の生活不活発病や運動器症候群などの予防を目的した「シニア向け運動教室」(宮城県気仙沼市)や、コナミスポーツクラブの子ども向けダンススクール「ダンシングスターズ」のノウハウを活用した「こどもダンス教室」(岩手県陸前高田市)を開催しています。
2018年12月16日には、グループ社員から寄せられた義援金を活用し、岩手県陸前高田市の「スポーツフェスティバル」にて、コナミスポーツ体操競技部による体操教室を開催いたしました。
2019年6月30日には、様々なスポーツをトップアスリートと一緒に楽しむイベント「コナミスポーツクラブ スポーツフェスタ in 守口」を開催しました。このイベントは、前年発生した台風の被害により利用を中止していたコナミスポーツクラブ 守口のアリーナが、今年5月に営業を再開し、それまで、ご不便をおかけしてきた地域住民の皆様へ感謝を込め、コナミスポーツクラブのサービスを通して、スポーツに触れながら、健康と楽しさを提供する機会として開催したものです。

2016年11月より愛知県一宮市に本社を構えるコナミアミューズメントは、「いちのみやリバーサイドフェスティバル」や「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」への出展など、地元に密着した活動を通じて地元貢献に努めています。

コナミグループのCSRの取り組み② 環境とともに

海外においては、ゲーミング&システム事業を展開する事業会社 Konami Gaming, Inc.の新社屋(米国ラスベガス)が、省エネルギーで環境に配慮した建物として、建物の環境対応性能を評価する世界的な認証システム「LEED」のシルバー認定※を受け、地熱を利用した空調システムやLED照明を導入するなど、資源の節約と社員の健康に配慮したオフィス環境づくりを推進しています。

(※注)LEED (Leadership in Energy and Environmental Design) は、米国グリーンビルディング協会が開発・運用する環境に配慮した建物に与えられる認証システム

また国内においても、トラックなどによる輸送を、排気ガスなどの環境負荷が少なく、地球にやさしい鉄道や海運に転換する「モーダルシフト」を推進しています。コナミグループでは、環境保全への取り組みの一環として、2005年1月からトラック輸送を鉄道輸送に転換し、「モーダルシフト」に積極的に取り組んでいます。2018年度の「モーダルシフト」実施によるCO2削減量は、35.83トン(スギの年間CO2吸収量に換算※すると2,560本分)でした。

(※注) 50年生のスギが1本当たり1年間約14kgのCO2を吸収するものとして算出。(環境省/林野庁発行資料「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」より)

上月財団のスポーツ支援事業

一般財団法人[非営利型]上月財団は、コナミホールディングス株式会社の創業者で代表取締役会長を務める上月景正によって設立され、35年以上にわたるあゆみを通して、スポーツ・教育・文化の振興と発展、並びにより良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業を展開しています。

上月財団は、スポーツ支援事業として、主に「スポーツ選手支援事業」「上月スポーツ賞」「スポーツ団体・競技大会助成事業」の3つの事業を展開しています。
「スポーツ選手支援事業」は、日本を代表し、将来が期待されるスポーツ選手・指導者に対して競技能力の向上を図り、スポーツ活動に打ち込める環境を整えるための事業です。
また、財団から支援を受けている選手・指導者を対象に、オリンピック競技大会・世界選手権大会等において、優秀な成績を収めた選手・指導者を「上月スポーツ賞」として表彰しています。
「スポーツ団体・競技大会助成事業」では、スポーツ競技統括団体等が実施する国際的または全国的規模の大会や競技会の開催に対して助成しています。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
株式会社mooble
「難関私大専門塾マナビズム」の運営
株式会社関東マツダ
お客様が常にご満足いただけるサービスを
株式会社富士薬品
ひとりひとりの健康のために

戻る