広 告

日本を元気にする企業 「日本を元気にする企業」は、人、技術、自然、食、教育、医療など様々な分野で活躍している企業をクローズアップして紹介する企業応援サイトです

優れた技術力の明日を考える

株式会社アイディエス

企業URL
http://www.idsma.com/

検体前処理/搬送システムのグローバルスタンダード、IDS。

IDS-CLAS X-1シリーズ

【フレキシブルなユニット構成とレイアウトが可能な次世代の検体搬送システム】
〔主な特徴〕
・ユニットを自由に組み合わせることで、施設に最適な搬送システムを構築することが可能です。
・1本搬送方式を採用することで、無駄のないスピーディーな処理を実現します。
・施設の広さと形状にフィットしたレイアウトが可能。床下搬送、天井搬送、スポット検体投入ポイントなど、特殊な条件にも対応できるユニットを豊富に取り揃えています。

IDS-CLAS 3600

フロントエンド分注装置「IDS-CLAS 3600」は、アイディエスの持つ高い技術力をコンパクトなボディに詰め込んだ、検体前処理分注装置の基本モデルです。ラボに合わせた検体検査フローをご提供します。

〔主な特徴〕
・たくさんの機能を搭載した省スペースシステムです。
・設置場所を問わず、作業動線を確保できます。
・550検体/時の検体処理能力により、効率の良い検体前処理を行います。
・一本搬送を採用しており、外部搬送接続が可能です。
・消耗品は自動供給です。
・市場のおおよその分析装置と接続できます。


アイディエスの「IDS-CLAS 3600」の処理フローをご紹介します。

① 外部搬送接続部(オプション)
はじめに、親検体を取り込みます。

② 親検体搬入部
次に、検体をレーンに搬入し、バーコードを読み取って到着確認を行います。その際、エラー検体は親検体搬入部のエラーラックへ仕分けます。至急検体は専用ラックより優先投入できます。

③ 血餅検出部
検体の血餅と分離剤の境界面を検出。分注の際にこのデータを使用します。

④ 開栓部
検体の栓を抜きます。栓が抜けない場合は、その検体を親検体搬出部のエラーラックに搬出します。

⑤ 子管ラベル発行部
分注子管に自動でラベルを貼り、分注部へ必要な本数を送ります。

⑥ 分注部
親検体から子管へ分注を行います。

⑦ 親検体搬出部
分注処理が完了した検体を搬出します。開栓エラー・分注エラーの検体はエラーラックに移します。

⑧ 子検体搬出部
分注処理が終わった検体を仕分けて搬出します。分注エラー検体はエラーラックへ移します。

⑨ 外部搬送接続部(オプション)
親検体・子検体をそれぞれ外部搬送に接続します。

戻る

企画・運営
ステッチ株式会社「日本を元気にする企業」事務局

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-5-5ヒューリック大手町北ビル7階

https://www.stitch-pro.jp/

個人情報保護方針について

協賛企業の募集について

当サイトに掲載していただける協賛企業様を募集しています。詳細については、下記までお問い合わせください。

「日本を元気にする企業」事務局

03-6260-7275[平日10:00〜18:00]

お問い合わせフォーム
Copyright ©2020 Stitch Co., Ltd. All Rights Reserved