広告企画 読売新聞社広告局

読売新聞 オンライン

優れた技術力の明日を考える

ジャパン・アナリスト株式会社

企業URL
https://www.japan-analysts.com/

分解せず内部の状態を診断する「オイル分析」

ジャパン・アナリスト株式会社

事業内容 オイル分析による設備診断と潤滑油の分析
所在地 本社・営業部 〒105-0013 東京都港区浜松町 2-9-3 NBC 浜松町ビル2階
企業URL https://www.japan-analysts.com/

所在地 名古屋駐在 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅 3-11-22 IT名駅ビル7階 KYB(㈱)名古屋支店内

所在地 大阪駐在 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町 1-23-20 TEK第2ビルKYB(株)大阪支店内

所在地 分析センター 〒252-0328 神奈川県相模原市南区麻溝台 1-12-1 KYB(株)相模工場内

ジャパン・アナリスト株式会社
 
プロフィール
潤滑油の分析を専門に取り扱うオイル分析による設備診断の会社です。
ジャパン・アナリスト株式会社は、日本の油圧機器トップメーカーのKYB株式会社と、米国Analysts Inc.との合弁で、オイル分析による設備診断のスペシャリストとして1975年に設立された専門会社です。

精確、敏速、安全な分析業務を通して常にお客様に信頼される企業を目指します

当社は1975年に設立されて以来、オイル分析のパイオニアとしてオイル分析による設備診断技術力を磨いてまいりました。
現在では、航空機、原子力発電、風力発電、大型船舶、建設機械など信頼性を要求される幅広い分野でサービスを提供させて頂いております。
定期的なオイル分析による傾向管理はもとより、特に異常や不明点がある場合の精密分析も得意としています。
これからも当社の品質方針であります「精確、敏速、安全な業務を通してお客様に満足される」分析・診断結果をご提供することで、省資源・省エネルギー、設備故障の未然防止などオイルを使用するあらゆるお客様の課題に貢献して参ります。

オイル分析は機械の健康診断です。

機械内部で進行する異常な摩耗状態は、全ての箇所で早く知ることが重要です。しかし、機械要素の到る所に温度や振動センサーをつけ、摩耗状態をチェックすることは技術的・経済的に困難です。
機械異常の早期発見
オイルは潤滑内部の全てに循環しているので、機械要素から発生する摩耗粒子は全てオイルに含まれています。機械要素に異常摩耗(損傷)が生じ摩耗が増加すると、オイル中の摩耗粒子量も増加するので、オイルの定期分析によって機械要素の異常を早く発見できます。
メンテナンス計画に有効
機械の摩耗状態を知るためには、オイル中の摩耗粒子を直接分析することにより、機械の摩耗状態が判ります。
オイルの定期分析をTPM(Total Productive Maintenance)の一環に取り入れ、予知保全、オーバーホール期間や更油期間の延長にお役立てください。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス株式会社
未来をつくるのは、ひとの力だ
バリュークリエーション株式会社
「成果を追求する新しいデジタルマーケティングを」
三進工業株式会社
確かな技術による優れた製品づくり

戻る