広告企画 読売新聞社広告局

読売新聞 オンライン

不動産の力の明日を考える

株式会社東京組

企業URL
http://tokyogumi.co.jp/

東京の街並みを美しくしたい。創業当初から変わらぬ情熱で住めば住むほど良くなっていく家づくりを目指します。

株式会社東京組

事業内容 ・建築業(注文住宅(木造・RC)、共同住宅)
・不動産業
・オリジナル建材開発
・地域型住宅グリーン化事業
所在地 〒158-0097 東京都世田谷区用賀4丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー23F
TEL 03-3709-2000
企業URL http://tokyogumi.co.jp/

株式会社東京組
代表取締役 疋田 幹雄
プロフィール
ー東京の街並みを美しくしたい。ー
家づくりの理想を追求するため、住宅業界の深刻な迷路に鋭く切り込む気持ちで独立してから、
はや二十数年。想いは少しずつですが、かたちになっています。
美しい街並みを実現するため、本当にいい家とは何なのか
大好きな家について考え、時には挫けることもありますがいつだって情熱は変わりません。
オーナーの喜ぶ顔を見続けるためにも東京組の挑戦はこれからも続きます。

<登録免許>
建築業許可
{許可番号 東京都知事許可(特-26)第107331号}
一級建築士事務所登録
{登録番号 東京都知事 第59667号}
宅地建物取引業者免許証
{東京都知事(4)第76154号}

100人のオーナーがいれば、100通りの答えが必要。東京組は家づくりの理想を追求しつづけます。

理想の家づくりを追求しつづけます

東京組が美しい街並み実現の為に考え抜いた4つのキーワード
『自社施工』・『建築家との家づくり』・『建材開発』・『コストパフォーマンス』

『自社施工』だから、信頼して本当にいい家がつくれる
東京組では設計から部材選び、施工までを一貫して自社で担う「責任施工」を実施しております。そのため、お客様の想いをプランの作成段階から実現することができ、些細なご相談にも素早く対応することができます。竣工後はアフターサービスを含めた新しいお付合いが始まります。東京組は地域密着型だから、建てたら終わりではありません。近くにいるからすぐに駆けつけられます。

『建築家との家づくり』だから、ライフスタイルに合ういい家がつくれる
当社は建築家をはじめスタッフ全員がお客様のご希望をていねいにお聞きし、100%オリジナルの“いい家づくり”を目指します。ただ家という箱を設計するのではなく、そこに住む人のライフスタイルを演出するのが仕事です。

『建材開発』だから、良質な素材を使ったいい家がつくれる
良質なものを最低限のコストで手に入れるために、建材や技術を自社開発、製造しオリジナルの物流ラインにのせています。海外の見本市に定期的に出向き、世界中の最新の建材や家具などをメーカーから直接仕入れることで、無駄なマージンを省き最適な価格でご提供することを可能にしました。

『コストパフォーマンス』だから余分なコストをかけずいい家がつくれる
家づくりでどうしても気になるのが金額。夢が大きくなればなるほど、金額も大きくなりがちです。東京組では、「予算がないから無理」とすぐに言いません。どうしたら実現できるか?削れる部分はないか?数字を見ながら具体的に検討します。ただし単に安ければいい、ということではなく、『余分』なコストを抑えることを考え、コストパフォーマンスを追及します。

家づくりのフロー

東京組グループではお客様のご希望を伺い、完全オリジナルの家づくりを目指しています。当社がどのようにお客様の希望をかなえ、家づくりをしていくかのプロセスをご紹介します。

<1>ご来場
土地・建物・設備などの相談や、家づくりの流れなど当社や住宅についてご説明いたします。

<2>ヒアリング
「こんな家をつくってほしい」「金額はどれくらいかかるのか」など、お客様の様々なご要望・ご質問をお聞かせいただきます。

<3>概算見積・ラフプラン
ヒアリングに基づく概算見積・ラフプランをご提示いたします。

<4>工事請負契約
基本的なプランやご予算等を承諾いただけましたら、工事請負契約を結んでいただき、具体的な設計の話し合いになります。

<5>事前調査
地盤補強工事や水道引き込み工事の必要性を確認するとともに、第三者が地盤・水道調査を実施します。

<6>詳細打ち合わせ
6回前後の詳細な打ち合わせの後、プランの調整を経て住宅の仕様を決めます。

<7>建築確認許可・取得・見積確定
完成した図面を審査に出し、建築法上問題がないかしらべます。その後契約金額との差額を決定します。

<8>追加変更覚書締結
契約金額との差額に応じた覚書を交わします。着工に向けて、建築家・現場監督が一緒に建物の配置を確認します。

<9>工事着工
標準的な工期は、2~3階建ての場合およそ5カ月です。

<10>上棟
建物に屋根がかかる際に、お客様にお立合いいただき、構造・配線の位置などを確認していただきます。

<11>竣工
完成間近です。お引渡しの前に工事の出来上がり等を最終チェックしていただきます。

<12>完成・引渡し
ご入居の際に鍵とお引渡し書類をお渡しします。

<13>アフターサービス
地域密着型の東京組グループでは、建てたら終わりではなく、竣工後からアフターサービスをふくめ末永くお付き合いさせていただきます。

東京組の木造住宅建築施工

東京組自社施工による木造住宅建築の流れを紹介します。

<1>敷地・地盤調査
スウェーデン式サウンディング試験などの地盤調査を行います。

<2>地縄張り
敷地に家の配置を示すための縄を張ります。

<3>地鎮祭
土地の神様に安全と御加護を祈願します。
※こちらはオプションになります。

<4>基礎工事
断熱・防湿効果に優れたスラブオングラウンド方式のベタ基礎を用いています。

<5>建方(躯体工事)
土台を敷いて、工場加工が行われた梁や柱などの木材を作業員が組み上げます。

<6>上棟
躯体工事後、棟が上がることを上棟といいます。

<7>屋根工事
防水シートと透湿防水シートを併せて使用することで雨漏りや結露などを防止します。

<8>外壁工事
サッシを設置し、構造用合板上に透湿防水シートの施工をして外壁をつくっていきます。

<9>内部造作工事
内部の壁・床・天井の工事と同時に配管工事や配線工事も進めます。
この段階で石膏ボードを張っていきます。東京組ではシックハウス症候群の原因である、
ホルムアルデヒドの吸収分解に優れた「ハイクリンリンボード」を使用しています。

<10>内装工事
クロス施工や左官仕事で内部の壁を仕上げていきます。
「ダヴィンチコート」を使用することで、断熱・防湿・静音性を向上させることが可能になります。

<11>設備器具工事
キッチンやトイレなどの設備を備え付けていきます。

<12>外構工事
玄関の仕上げや、車庫・造園工事などを行います。

<13>竣工・引渡し
補修が必要な箇所などを調べ、手直しを行って完成となります。住設機器の説明をして、鍵をお引渡します。

工事が完了し、そこからお客様の“住まい”が始まります。
東京組では、ご入居後2年間に2回の定期点検を行っているほか、安心な暮らしをサポートするため、アフターメンテナンスを専用ダイヤルにて24時間・365日受け付けております。

東京組のアフターメンテナンス

東京組は、住宅を長持ちさせるためのアフターメンテナンスを充実させています。

◆定期点検サービス
住宅を長期にわたり維持管理するためには、正確なメンテナンスや不具合の早期発見、定期点検での専門的なチェックと適切な補修が必要です。
当社では、ご入居されてから2年間で2回の点検を実施します。修繕等が発生した際には、保証内容に基づいた修繕を無償、もしくは有償で行っています。

◆保証制度(短期保証・長期保証)
新築住宅を提供する事業者には、住宅の引渡しから、10年間の瑕疵保証責任が法律で義務付けられています。この法律で言う瑕疵(かし)とは、構造耐力上の主要部分と雨水の侵入を防ぐ部分の欠陥のことです。
これらの部分について、期間内に保証内容に反する事象が発生した場合に、補修の実施を保証しています。

◆臨時点検や日頃のお手入れ
台風や地震後など住宅へ不具合があった場合に、点検をいたします。
建物の所有者が変更になった場合でも住宅の維持保全を有償で継続可能です。

◆公的保証制度(住宅瑕疵担保履行法)
万が一、当社が事業を行うことができなくなった場合でも、ご入居者様が適正な保証を受けられるよう、保証金の供託によって住宅瑕疵担保を引き続き行います。

◆住宅瑕疵担保責任における範囲
構造耐力上の主要な部分や雨水の侵入を防ぐ部分に関して住宅瑕疵担保履行法は、10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

住まいは建てて終わりではありません。住まいの維持管理において、東京組は最大限のアシストをしていきます。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
東日本住宅株式会社
東京・神奈川・千葉・埼玉の不動産売買・賃貸なら東日本住宅
株式会社EPARKペットライフ
ペットと過ごす生活の新しい「当たり前」を目指す
株式会社ノーブルホーム
地域に愛されるプロフェッショナル集団であり続けるために

戻る