ITの力の明日を考える

株式会社オウケイウェイヴ

企業URL
https://www.okwave.co.jp/

互い助け合いのQ&Aを軸とした、AI/ブロックチェーン/情報セキュリティ技術を活用したサービスを提供し、「ありがとう」があふれる社会の実現に寄与します。

あなたに合った答えがきっと見つかる。日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」

Q&Aサイト「OKWAVE」

「OKWAVE」は、誰もが気軽に利用できる日本初、最大級のQ&Aサイトです。日常のちょっとした質問から恋や人間関係の悩みまで、質問を投げかけると、解決策を知っているユーザーの方々が回答してくれます。

「OKWAVE」が保有する3,600万件以上のQ&Aコンテンツは、会員ユーザーをはじめ、疑問や問題が生じた際に検索エンジンで キーワード検索をして訪れた一般ユーザーなどにも広く閲覧され、問題解決に有効なサイトとして支持されています。

これにより、「OKWAVE」のQ&Aコンテンツとコミュニティーは企業の製品/サービスのユーザー同士が教え合って助け合うためのサポートコミュニティーサービス「OKBIZ. for Community Support」として、企業の顧客サポートの一環としても利用されています。

■「OKWAVE」:https://okwave.jp
■「OKBIZ. for Community Support」:https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-cs/

感謝されている人がより報われる社会を目指す新しい経済圏「感謝経済」プラットフォーム

感謝経済(THANKS ECONOMY)ロゴ

無料ピアボーナス・メッセージングサービス「OKWAVE GRATICA」

「感謝経済」は、感謝する人、感謝される人、お互いの幸せな気持ちを生み出し、また次の誰かを幸せにする、そんな「ありがとう」でつながる社会を目指す取り組みです。
「感謝経済プラットフォーム」では、感謝の気持ちを表す独自トークン「OK-チップ」を贈ることで「OKWAVE」の回答者へ感謝の気持ちを表したり、組織内に導入できる無料ピアボーナス・メッセージングサービス「OKWAVE GRATICA」のメンバー同士でオンラインメッセージカードに「OK-チップ」を添えて贈ることができます。貯まった「OK-チップ」は感謝経済に賛同する企業・団体の優待と交換したり、寄付に使用することができます。
また、「感謝経済」プラットフォームでは、日頃どのくらい感謝されているかを8つの指標を用いて「感謝指数」として数値化。将来的に、「感謝指数」を自分のキャリアの一部として活用できるようにすることを計画しています。

■感謝経済:https://thanks-economy.com/
■「OKWAVE GRATICA」:https://www.okwave.co.jp/business/service/okwave-gratica/

国内シェアNo.1のFAQ/お問い合わせ管理システム「OKBIZ. for FAQ /Helpdesk Support」

「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support」の概要

「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support」(以下、「OKBIZ.」)は、「FAQ」(よくある質問とその回答)を活用し、顧客らから寄せられるお問い合わせ対応業務の平準化と効率化を図り、サポートコストの削減ならびにCSの向上や売上の促進を支援するFAQ/お問い合わせ管理システムです。

米国のヘルプデスク業界団体HDIの日本法人HDI-Japanと共同で策定した「FAQ Management」に準拠し、独自の特許技術(特許第4512103号)を有します。FAQサイトの作成やFAQの更新作業、分析がWebブラウザ上から簡単に行えます。平均30%のお問い合わせを削減する導入効果が出ています(当社調べ)。大手銀行5行をはじめ、国内トップシェアとなる大手企業や自治体など500サイト以上が利用。2005-2006 グッドデザイン賞(商品デザイン/ソフトウェア部門)を受賞しています。

最新バージョンでは、当社開発のAI「KONAN」によるお問い合わせ対応の支援機能、他社基幹システムと連携できる「BIZ.API」群の提供など、時代と顧客ニーズに合わせた進化を遂げております。

■「OKBIZ. for FAQ /Helpdesk Support」:https://www.okwave.co.jp/business/service/biz-faq-helpdesk/

有人チャットとチャットボットを備えたWebチャットシステム「OKBIZ. for Chat & Bot」

「OKBIZ. for Chat & Bot」画面イメージ

複雑化する製品・サービスの顧客サポートの場面において、SNSに慣れ親しんだエンドユーザー(消費者)にはチャット型のインターフェースが新しいサポートの形です。また、オペレーターにとっては、お問い合わせに同時対応できるのがチャット形式の強みです。
「OKBIZ. for Chat & Bot」はそのような有人対応のチャット機能と、自動応答するチャットボット機能を備えたチャットソリューションです。とくに、チャットボット機能は「OKBIZ. for FAQ」と連携した“FAQボット”を特色としています。
チャットボットが回答するには回答データベースが必須です。“FAQボット”は、FAQを整備すれば、エンドユーザーのお問い合わせに最適なFAQを自動応答します。これにより回答データベースを二重管理することなく、コスト削減と顧客満足の向上を図ることが可能です。
また、チャットボットのエンジンにはAI「KONAN」を搭載したAIエンジン「OKBIZ. for AI Agent」の利用も可能です。

■「OKBIZ. for Chat & Bot」:https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-chat/

質問意図を読み取り、感情表現豊かに回答をするAIソリューション「OKBIZ. for AI Agent」

「OKBIZ. for AI Agent」画面イメージ

「OKBIZ. for AI Agent」は当社開発のAI「KONAN」を搭載した、自動顧客サポートが可能なAIソリューションです。
AI「KONAN」はQ&Aサイト「OKWAVE」に蓄積された3,600万件以上のあらゆるジャンルのQ&Aを学習した人工知能です。そのため、AI導入に必要な言語コーパスを用意する必要がなく、自社のお問い合わせデータやFAQを学習させるだけで利用可能です。
「OKBIZ. for AI Agent」は入力されたお問い合わせ内容を理解し、感情を読み取って最適な回答を自動応答します。回答が絞りきれない場合には「聞き返し」を行い、利用者をより適切に問題解決に導きます。
「OKBIZ. for AI Agent」は単体利用のほか、Webチャットシステム「OKBIZ. for Caht & Bot」のAIエンジンとして連携利用が可能です。

■「OKBIZ. for AI Agent」:https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-ai-agent/

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
カチシステムプロダクツ株式会社
めざしているのは、やさしい「最先端」。
株式会社和不動産
アフターフォローNO.1を目指す「和不動産」では、不動産投資(マンション経営)セミナーを水金土日で開催中!
株式会社シティクリエイションホールディングス
「人材を人財に変える」