人材の力の明日を考える

ゼネラルエンジニアリング株式会社

企業URL
http://www.geng.co.jp/

Play with Technology. ~日本のモノづくりを、もっとおもしろく。~

ゼネラルエンジニアリング株式会社

事業内容 ◆技術者派遣
◆各種設計開発
◆各種コンピュータソフト開発
◆各種研究開発
◆技術者教育
所在地 本社・技術センター 〒144-0035 東京都大田区南蒲田2-16-1 テクノポートカマタセンタービル6F
TEL 03-3735-1081
企業URL http://www.geng.co.jp/

ゼネラルエンジニアリング株式会社
代表取締役 社長 加藤 靖之
プロフィール
◆沿革◆
1972年:資本金100万円にてGE創業(東京都大田区蒲田)
1986年:技術センターを開設(東京都大田区蒲田)
1990年:大阪支社を開設(大阪市中央区瓦町)、人材採用センターを開設(東京都中央区銀座)
1996年:名古屋営業所を開設(名古屋市中区栄)
2002年:資本金を5,000万円に増資、京都事務所を開設(京都市中京区烏丸通)
2004年:人材採用センターを移転(東京都千代田区丸の内)、本社・技術センターを移転(東京都大田区蒲田)
2006年:大阪支社の名称を関西支社に変更、名古屋営業所の名称を中部支社に変更、人材採用センターを本社に統合、プライバシーマーク認定取得
2009年:京都事務所を関西支社に統合
2010年:中部支社を移転(名古屋市東区葵)、本社・技術センターを移転(東京都大田区南蒲田)、関西支社を移転(大阪市中央区瓦町)
2017年:九州オフィスを開設(福岡市博多区博多駅東)、加藤靖之が代表取締役社長に就任、株式会社マイナビのグループ会社になる
2018年:九州オフィスの名称を九州営業所に変更

◆事業所一覧◆
●関西支社
・住所:大阪府大阪市中央区瓦町3-5-7 野村不動産御堂筋ビル4F
・電話番号:06-6205-3666
●中部支社
・住所:愛知県名古屋市東区葵3-15-31 千種ニュータワービル17F
・電話番号:052-933-7012
●九州営業所
・住所:福岡県福岡市博多区博多駅東2-15-19 KS・T駅東ビル3F
・電話番号:092-477-9081
●グループ会社/株式会社ニュートン
・住所:東京都大田区蒲田5-27-10 TKビル9F
・電話番号:03-5744-3711
・HP:株式会社ニュートン

◆労働者派遣事業許可番号◆
派 13-307175

ゼネラルエンジニアリング株式会社 会社案内

大切にしているのは「モノづくり」の原点にある遊び心

Play with Technology.

いいものを生み出すことは、おもしろい。
私たちが大切にしているのは、その「モノづくり」の原点にある遊び心です。

さらにいいものを目指し、議論を重ね、切磋琢磨する。
そんな成長の喜びを、ひとりでも多くのエンジニアに知ってほしい。
私たちの誇る、高い技術力と豊かな人間力は、
この強い想いがあってこそ、育まれてきたのだと思います。

人を育てることで、この国のテクノロジーも育てていく。
それが、私たちが創業以来続けてきた、日本のモノづくりへの貢献です。

この国のテクノロジーを、もっとおもしろく。
GEグループはこれからも、日本の発展を支え続けます。

トップクラスの実績を誇るクリエイティブエンジニアリングカンパニー

ゼネラルエンジニアリングは、1972年の創業以来一貫して、機械/電気・電子/システム系での設計開発に特化した派遣会社として歩んでまいりました。
各分野のスペシャリストを自社で育成し、あらゆるプロジェクトに的確な人材をご提供いたします。

突発的な欠員の補充、繁忙期の対策、新規プロジェクトに向けた増員などへの対応はもちろん、高度な専門スキルを導入したい時にもお役に立ちます。現在、約300社に及ぶ大手企業様から高い評価と信頼を獲得し、数多くの当社エンジニアが活躍しています。
派遣させていただくエンジニアは、当社独自の選考基準により技術とヒューマンスキルを兼ね備えた正社員。機密保持、安全衛生等の教育も行っています。
また、専任の技術トレーナー・労務管理スタッフを配置して技術とメンタルの両面からバックアップを行い、エンジニアがパフォーマンスを最大限発揮できる環境を整えています。

国際新エネルギー開発プロジェクト(ITER計画)への事業参画

◆ITERとは◆
ITER(イーター)計画は、人類初の核融合実験炉実現を目的としたプロジェクトです。日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インドの国際協力により、2025年の運転開始を目指して推進されています。
ITERの目標の一つは、トカマク型磁気閉じ込め方式を採用した核融合により、入力の10倍以上の出力(50MVの入力に対して500MVの出力)を実現させることです。それにより、未来の核融合発電につながる技術を実証し、核融合エネルギーの平和的利用実現に貢献します。

◆GE社の関わり◆
これまでゼネラルエンジニアリング社(以下、GE社)では、ITERの国内機関である量子科学技術研究開発機構(以下、量研機構)と契約し、1992年以来20年以上にわたって量研機構との技術協力を続けて参りました。
現在では30名以上のGE社の技術者が那珂核融合研究所内にある量研機構で勤務しています。
ITERの核融合炉を構成する機器のうち、日本国が製作を担当しているソレノイドコイル、高周波加熱装置、遠隔保守装置(保守ロボット)などの設計や品質保証業務にGE社の技術者が貢献しています。
また、フランスに所在するITER機構の職員を志望する方の応募書類作成や面接の支援なども行っています。

【エンジニア社員インタビュー】 新卒入社16年目  自動車メーカー配属  Wさん

入社以来16年間、同じ配属先の自動車メーカーで勤務をしています。
配属先や技術レベルによって任せてもらえる業務は異なりますが、入社してから私が担当してきた業務をお話しさせていただきます。

入社1年目は国内向けのトラックを担当しており、大型・中型トラックの図面のチェック・修正、設計補助をしていました。
まずは仕事に慣れていくことが大変でしたが、学校で学んだ知識を活かせる部分もあり、楽しみながら仕事をすることができました。

国内向けトラックの担当から、米国向け中型トラックのレイアウト、形状検討、強度解析、図面作成を2年目から担当することになりました。私は早くエンジニアとして成長したかったので、2年目からは言われたことをただ進めるだけではなく、自分の意見も相手に伝えられるよう努力しました。

6年目から10年目までは、米国向け小型トラックの車両全体レイアウト(CAB、排ガス処理装置、吸気ダクト、燃料タンク等の配置決め)を担当していました。
経験を重ね1人立ちできたのもこの頃でしたね。チームメンバーからの信頼も得られ、意見を求められる立場になりました。

11年目から現在までは、国内・欧州向け中型トラックの企画設計、車両全体レイアウト(レイアウト検討資料作成&レビュー)、各設計部署との調整、プロジェクト説明会用資料作成、設計及び工場向けレイアウト説明会用資料作成&レビューを担当しています。

“派遣“というと、同じ業務ばかりで成長できないイメージがある方もいらっしゃるかと思いますが、私の場合は入社からずっと同じ配属先におり、自分の意欲次第でレベルの高い業務や、任せてもらえる業務がどんどん増えていきました。
入社時は海外で働くことは考えもしませんでしたが、今は自分が習得した技術を海外でも試したいと思うようになりました。世界でも通用するエンジニアになるべく、今後も成長を続けられるよう努力していきたいです。

【スタッフ社員インタビュー】 入社5年目  営業部  Hさん

仕事にかける熱い想いを語ってくれた営業部Hさん

――エンジニアさんの希望を叶える…やりがいのある仕事です。

営業部の主な業務は、エンジニアさんからどういう働き方をしたいか、どんな仕事に興味があるかを聞き出し、希望に沿った配属先を紹介して、マッチングさせることです。配属前のエンジニアさんは新しい環境に対し様々な不安がありますので、配属先の細かな情報を集め、事前に伝えることを意識しています。

また、配属後も定期的にエンジニアさんと面談を行い、業務内容や配属先での人間関係など、働く環境が本人に合っているか、体調やその他生活面で困っていることはないか、しっかりフォローアップしています。
やりたいことがあるエンジニアさんにはそれが実現できるように、まだやりたいことが見つけられていないエンジニアさんにはやりたいことが見つけられるように、人と仕事を結びつける仕事なのでとてもやりがいを感じます。エンジニアさん一人ひとりにあった選択肢を用意できるよう、営業部スタッフ一丸となって、新しい配属先の開拓にも力を入れています。

この仕事をしていて一番嬉しいのは、エンジニアさんだけではなく配属先担当者の方から「こんなに良いエンジニアを紹介してくれてありがとう」とお礼の言葉をいただいた時です。エンジニアさんと配属先担当者の双方に喜んでもらえた時こそ、営業部スタッフとしての力が発揮できた気がします。また、「自社のエンジニアを評価していただけた」ということでさらに嬉しさが増します。

――休日は趣味を共有する仲間として。

休日は会社の野球サークルの練習に参加することも多いです。サークル活動に参加すると、同じ趣味のエンジニアさんと打ち解けることができます。さらに、友人のような目線で業務上の悩みを相談してもらえることもあり、よりエンジニアさんのことを深く知ることが出来ます。彼らに生き生きと働いてもらえるよう、今後もサポートし続けていきたいですね。

【エンジニア社員インタビュー】 入社29年目  Tさん

研修中のTさん。

―1つに偏らない見方や、考え方ができるようになった。

配属先には、本当に大切にしてもらいました。最初の配属先には、17年。高速自動車道のトンネル排気集塵設備の配置設計をしていました。視野を広げたいと思い、それから3年ほど別の配属先で半導体に関する仕事をしました。2008年にリーマンショックがあり配属先から戻ってきたタイミングで、最初の配属先から「大きなプロジェクトが始まるからまた来ないか」と声をかけてもらえたのは嬉しかったですね。
それから8年間、入社時と同じ配属先で設計開発をしていました。合わせて25年近くいましたよ。

配属先が変わるごとに本社の研修室に出勤するのですが、毎回どんどん研修の環境が良くなっていますね。講習もしっかりしていますし、研修スタッフの専門知識も豊富です。私は3社経験していますが、それぞれの配属先に特徴があり、要求される技術も違いましたので、個人や次の配属先に合わせた研修をしてもらえるのはとてもありがたいです。私の知る限り、個人に合わせた研修をしてくれる企業はほとんどありません。勉強したいことを伝えるとすぐに環境を整えてくれます。配属されてからも分からないことは研修スタッフに聞くことが出来ます。

私が入社した時はバブル絶頂期で、世の中に仕事はたくさんありました。
当時、何をやりたいのか決めきれませんでしたが、いろいろな企業と取引のあるゼネラルエンジニアリングに入社しました。
これまでに3社経験したおかげで、1つに偏らない見方や考え方ができるようになりました。
別の企業を経験してから最初の配属先に戻った時に、今までは思いつかなかったアイデアを出すことができました。アイデアは採用され、当時開発に携わっていた製品はどんどん改良され組み立てがしやすくなり、結果的にコストダウンに繋がりました。

これまでの経験を生かして、これからも世の中の役に立つようなモノを作り続けたいです。

【社内イベント紹介】 クルージングレクリエーション

 ゼネラルエンジニアリングでは、社員同士の交流を図るため、毎年社内レクリエーションイベントを開催しています。
 今回は今年の9月に新横浜で開催されたクルージングレクリエーションの様子をご紹介します。

 日頃派遣先で頑張っているエンジニア社員の皆さんをはじめ、本社で管理業務を行っているスタッフ社員や、社員のご家族の方々など総勢121名に参加していただきました。
 普段は離れた場所で勤務していて、直接会って話す機会が多くないこともあり、出航前からお互いの近況を語り合うなど、和気あいあいとした雰囲気でした。

 船に乗り込むとまず目に飛び込んできたのは美味しそうな料理の数々! 立食形式で食事を楽しみながら歓談の時間を過ごしていただき、程よい時間になった頃にレク企画恒例のビンゴ大会!便利家電や高級食材、ディズニーチケットなど様々な景品が用意されていました。社長賞はなんと大人気ゲーム機のNintendo Switch!ビンゴが進むたび、会場は一喜一憂で大盛り上がりでした。

 ビンゴ大会終了後は、引き続き立食を楽しんだり、会場に流れている音楽を聴きながらゆっくり過ごしたり、甲板に出て景色を楽しんだり、皆さん自由な時間を過ごしていました。

 2時間半という時間はあっという間に過ぎてしまい、レクリエーション終了後は二次会をする為に横浜中華街へ向かう社員もいました。

 ゼネラルエンジニアリングでは社員の皆さんが活き活きと働けるよう、レクリエーションだけでなくサークル活動や研修の時の懇親会など、様々な取り組みを行っています!

美味しそうな料理の数々がお出迎え!

ビンゴ大会の様子。皆さん真剣です。

天気も良く甲板からの眺めは最高!

【エンジニア社員インタビュー】新卒入社1年目 部品設計 Nさん

Nさんが設立したボードゲームサークルの活動の様子

――離れていても繋がっている同期
 ゼネラルエンジニアリングに入社して最初に感じたことは同期の多さでした。90名以上の同期がいて、とても驚いたことを今でもよく覚えています。
 入社してすぐに新入社員研修がありますが、その中で同期との交流を深めていきました。仲の良い同期とは別々の派遣先で勤務している今でも連絡を取り合っていて、お互いの近況を報告し合ったり趣味の話で盛り上がったりしています。
 また、私はボードゲームが好きなのですが、同期と交流をしていく中で同じボードゲーム好きの仲間を見つけることができました。そんな仲間たちと定期的に集まって遊ぶ機会を作りたいという想いから会社公認のボードゲームサークルを設立しました。入社して間もない私でしたが、無事サークルを設立することもでき、現在は月1回程度のペースで活動しています。会社を通じて趣味の仲間を増やすことができ本当に良かったと思いますし、今後はサークルメンバーを増やしてもっと盛り上げていきたいと考えています。

――初めての派遣先勤務
 新入社員研修では、社会人基礎力研修やCADソフトの勉強など幅広い内容を学びましたが、実際に派遣先での勤務が始まるとその会社でのルールや用語を始め、仕事の内容やそれに必要な知識など、分からないことが多く、初めは戸惑いました。しかし、派遣先の社員の方のフォローもあり、簡単なものから徐々に仕事を任せてもらい、やりがいを感じながら働けていると思います。私の場合、派遣先には同じゼネラルエンジニアリングの先輩社員もいるので、分からないことがある時は気軽に相談できますし、色々と助けていただいています。
 まだまだ分からないことも多いですが、経験を積みながら技術力を身に着け、色々な仕事を任せてもらえるようなエンジニアを目指していきたいです。

【スタッフ社員インタビュー】 入社18年目  研修部  Iさん

研修の様子

――電気電子系エンジニアとして。

研修トレーナーになる前は電気電子系エンジニアとして、大手メーカーで“おサイフケータイ”の制御チップの開発に携わっていました。
8人のグループで開発を進めていたのですが、考えた通りの特性が出ない時や、納期に間に合わないかもしれない時は大変でしたね。
全員で相談しあって、考えた通りの特性が出るまで何度もやり直しました。納期に間に合わない場合は、なんとか間に合わせるために残業もしましたよ。
大変な時も多かったですが、やっぱり自分たちが開発に携わった製品が世に出たときには何事にも代えがたい達成感がありました。

――研修トレーナーになったきっかけ。

私は入社をしてから資格をいくつか取得していたのですが、学ぶ姿勢を評価してもらい、当時の研修スタッフから声をかけてもらいました。
研修トレーナーになってからは、電気電子系研修の講師や研修エンジニア1人ひとりに合わせた研修スケジュールの組立などを行っています。教えてもらう立場から教える立場へと変わってからは、さらに電気電子系の知識を深めるために日々勉強にも取り組んでいます。
現在は研修トレーナーとしてエンジニアが希望する業務に携われるよう技術面でサポートしていますが、心理的にもサポートしていけるよう、“キャリアコンサルタント”の資格も取得しました。この資格は、エンジニアから相談を受けるときの対応や日々の接し方にも活かすことができています。
生涯エンジニアとして活躍していくことも私の夢ではありましたが、今は研修トレーナーとしてこれからも優秀なエンジニアたちをサポートしていきたいと思っています。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
株式会社オウケイウェイヴ
互い助け合いのQ&Aを軸とした、AI/ブロックチェーン/サイバーセキュリティ技術を活用したサービスを提供し、「ありがとう」があふれる社会の実現に寄与します。
株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン
「世界をめくれ」ハーパーコリンズ・ジャパンは、世界展開する出版社ハーパーコリンズ・パブリッシャーズを日本で刊行している企業です。
株式会社コムデザイン
「人と人を結ぶ」をモットーに、コールセンター運営に必要なCTI機能を、安価で柔軟なクラウドサービスで提供しています。