広告企画 読売新聞社広告局

読売新聞 オンライン

優れた技術力の明日を考える

株式会社パイテック

企業URL
http://www.sakurai-gr.co.jp/

丸棒一本をご用意したら、あとはお任せください。

株式会社パイテック

事業内容 1941年に創業した桜井鉄工所を中核とする当グループは、加工技術において世界的に見ても高水準を誇る“匠”の集団。創業から70年以上にわたって、重工業の分野に対応した超大型加工技術と、ミクロン単位で製作・加工を仕上げる超精密加工技術を追求し、業界内で確固たる地位を獲得してきました。大型ロール・長尺シャフトの補修・再生・新作は当グループへお任せください。
所在地 〒557-0063 大阪府大阪市西成区南津守5丁目12番10号
企業URL http://www.sakurai-gr.co.jp/

株式会社パイテック
代表取締役社長 櫻井 伸也
プロフィール
株式会社パイテックは、1941年に創業した株式会社桜井鉄工所を中核とするサクライグループの一員として、製鉄・製紙をはじめ機械部品の加工や製作を通じ、日本産業の発展に貢献してきました。創業以来追求してきた加工技術や、実績の上に生み出されたオリジナル製品などは様々な分野において高い評価をいただき、業界内で確固たる地位を獲得。中でも各種産業ロールにおける鏡面加工など加工技術の精緻さは、他社の追随を許さないものと自負しています。

また、その他の分野で原子力発電所に利用されるポンプ主軸の製作などインフラ整備の一端にも携わり、社会的重責の一翼を担っています。今では“西のサクライ”として様々な分野から厚い信頼を賜り、北海道から九州まで、大手企業をはじめ多くの会社と取引をしています。

パイテックの強みは、なんといっても高い技術力にあります。当社は「匠」が主役となるモノづくりの会社。誰もが知る大企業から感謝状を多数いただき、当社でしか造ることができないからとご注文をいただけるのは、モノづくりの会社として冥利に尽きます。世界に誇る高い技術力を強みに、様々なご要望を実現しています。

発電所のタービンや大型船舶のシャフト、橋に使用される部品など、当社の製品はあまり人目に触れるものではありません。しかし部品・軸として無くてはならない極めて重要な製品です。製鉄から製紙、化学、食品、エネルギーなど、様々な分野で、黒子として日本の発展・暮らしを支えています。

長尺シャフト・大口径ロールに対応する“匠”の集団

丸モノ加工の老舗企業

サクライグループは、創業70年を超える長い歴史の中で培ってきた技術力を武器に、ロール加工・シャフト製作を主な事業として展開。中でも長尺シャフト・大口径ロールの分野で実績を積み重ねてきました。

■長尺対応
シャフト製作では、一般的に「6,000mmを越えると精密な加工が難しくなる」と言われています。それは、品物が長くなればなるほどしなりやたわみ、振れなどが大きくなり、加工作業に影響を与えるためです。しかしサクライグループのシャフト製作では、最長で20,000mmの長さに対応可能。長尺シャフトの製作に対応できるのは、長年にわたり追求してきたオリジナルの加工技法と、それを扱う高い技術力を持った職人の養成、機械設備の導入に力を入れてきたからです。

■大口径対応
大口径ロールの加工を実現するには、機械設備の対応スペックが重要となってきます。そのためサクライグループでは、研削機や旋盤機といった直接加工にかかわる設備はもちろん、品物を吊るすためのクレーンなども最大40トンの大型スペックを搭載。最大加工径2,100φの大口径対応を実現しています。また、サクライグループではただ削るだけでなく、鏡面ロールなどの円筒鏡面加工・高面粗度加工といった表面加工にも高い精度で対応。特に製鉄や製鋼、製紙、化学などの分野で用いられる超大型ロールにおいて、非常に多くの製作実績を誇っています。

パイテックは、そんなサクライグループの中でも小型ロール・大型ロールを中心に取り扱っています。大型ロール・長尺シャフトをはじめとする「丸モノ」の加工は私たちサクライグループへお任せください。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
株式会社トーシンパートナーズ
共存共栄の、あしたをつくる。
株式会社アセットビルド
プロのサポートで作り上げるオーダーメイドの「不動産投資」。アセットビルドは、高品質なコンサルティングで不動産を中心とした資産形成のお手伝いをします。
株式会社富士薬品
ひとりひとりの健康のために

戻る