広告企画 読売新聞社広告局

読売新聞 オンライン

住まいの力の明日を考える

バンズシティ株式会社

企業URL
https://www.bans-c.co.jp

不動産革命の志と夢を胸に

バンズシティ株式会社

事業内容 私たちバンズシティ株式会社は、不動産開発から売買や仲介業務、賃貸管理および建物管理業務など、不動産に関するあらゆる面を事業とする総合不動産会社です。
住まいから皆様の豊かな生活に貢献できるよう、あらゆるニーズに対応できる上質なサービスのご提供を心掛けています。
また近年では不動産事業にとどまらず、多岐にわたり事業を展開しております。
所在地 本社 〒163-0825 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル25階
TEL 03-5339-2577
企業URL https://www.bans-c.co.jp

バンズシティ株式会社
 
プロフィール
私たちバンズシティは2004年より総合不動産会社として東京圏を中心に、住宅に関する様々な事業を展開している会社です。用地の選定から企画、施工、販売及びその後の管理やリフォームに至るまで、住宅に関する様々な事業を行っています。
-----
宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第8987号
マンション管理業 国土交通大臣(2)第033871号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第02342号

未来へ向かう不動産へ

バンズシティは総合不動産会社として、住まいに関する様々な事業を展開しています。その中で私たちが心がけていることはサービスです。バンズシティは、不動産に関する専門知識を有するプロ集団であり、同時にサービスのプロである必要があります。

現代の日本は、少子高齢化社会の超加速や総人口の減少といった、転換期に突入していますその中で女性や在日外国人の社会進出、観光や移民政策などが発展し、一人ひとりのライフスタイルの多様化が顕著となりました。そのため、ライフスタイルに合わせて多様化するニーズに柔軟に応じることができるサービスの提供は、必要不可欠となってくるでしょう。

私たちバンズシティは近年、そんな日本の未来を見据えてサービス業や教育事業への参入に注力してきました。より長きに渡り、皆様の生活をご提案できるよう、不動産のプロから「生活のプロ」として、ライフコンサルをご提案していきます。

不動産業からサービス業へ

バンズシティでは、不動産に関する様々なサービスをご提供しています。

■不動産管理事業
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一都三県を中心に、賃貸管理業務を受託するサービスを展開しています。収益性アップや物件管理の充実など、投資家様のご要望に応じた費用対効果の高い企画をご定位案。また、総合不動産会社の強みとして、リフォームやリノベーションなども承っています。

■不動産投資事業
不動産投資をスタートしたいと考えている方や既に物件を運用している投資家様に向けて、不動産投資のサポートを行っています。公認不動産コンサルティングマスターをはじめ、ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格を持ったバンズシティの社員がコンサルティングし、一人ひとりに最適な運用方法をご提案します。

■不動産売買事業
区分マンションや戸建て、一棟マンションをはじめ、土地や商業店などにいたるまで幅広く売買・仲介を行っています。物件を買いたい方、売りたい方双方のあらゆるニーズに対応しています。

■不動産仲介事業
賃貸では、新築の物件やデザイナーズ物件など、アパート・マンション・戸建て住宅のお部屋探しをサポートしています。敷金礼金ゼロや、ペット可などお客様のご希望に合う住まいをご紹介します。

■海外事業
外国籍・非居住者のお客様を対象に、売買から賃貸、納税管理、代行など、様々な不動産関連サービスを展開しています。

■デペロップメント事業
都内23区を中心に、マンションから分譲戸建て住宅、商業ビルなど、幅広く不動産開発を行っています。「B-City」、「Le-lion」、「「DUARES」、「TOKYO HOUSE」といったシリーズを展開しています。

この他、近年はサービス業へ事業領域を拡大し、宿泊施設や飲食店の運営、などを行っています。

新規事業への取り組み

近年バンズシティグループでは、飲食、ヘルスケアなど、不動産業以外の事業にも積極的に取り組んでいます。

2018年には東京 品川に一口スイーツ付きのコーヒーとヘルシー食事メニューが楽しめるテイクアウト専門店『FOREST STAND』や、千葉県南房総に“作って食べる”をテーマとした新しいグランピング施設『THE CHIKURA UMI BASE CAMP』をオープン。

他にもホリスティックビューティをテーマにジュースクレンジングとスタジオレッスンを1つの場所で体験できる「LIVING ORGANICS」やリラクゼーションサロン&カフェダイニングの「FOREST」も展開中です。

新事業はメディアにも多く取り上げられ、不動産業から幅広いサービス業へと展開していくなかで、新たな価値のご提供を目指しています。

管理形態について

バンズシティでは、オーナー様のニーズに合わせて3つの管理形態をご用意しております。

①サブリース契約
サブリース契約とは、オーナー様が所有している物件を当社が借り受けることで、入居者様には当社が貸主となって転貸する方式です。
当社が借主となるため、入居者様がいる・いないに関わらずオーナー様は毎月一定額の収入が得られます。
また、入居者様とのトラブルが起きても当社が当事者となり、オーナー様にご負担をかけることなく迅速に対応することができます。

②集金代行契約
集金代行契約は、入居者様の賃料集金の代行など、オーナー様の家主としての業務を代行するというものです。
入居者様の入退去による空室問題、トラブル対応などはありますが、オーナー様が毎月受け取る賃料はサブリース契約と比べて高額であるという特徴があります。
管理手数料は、入居者様から回収した月額賃料の5%です。

③マスターリース契約
当社がオーナー様所有の物件を借り受け、入居者様には当社が貸主となって転賃する契約です。
保障賃料は、回収した月額賃料の5%を控除した差額となります。
こちらも入居者様の入退去による空室問題はございますが、サブリース契約と同様に入居者様とのトラブル解決は当社が当事者となります。オーナー様にご負担をかけず、スピーディーに対応することが可能です。

修繕について

借主が住宅を使用し住んでいく上で、オーナー様は必要となる修繕を行う義務があります。
貸主が所有している物件のメンテナンスをしっかりと実施することで、入居者の満足度が上がり、空室リスクを軽減させることができます。
賃貸経営をされるオーナー様にとって、修繕コストは大切なポイントになります。

入居中に冷房が効かなくなった、急にお湯が出なくなったなど設備の故障・不具合のトラブルは数多く発生しています。特に、給湯器やエアコン故障によるトラブルは深刻な問題に発展する恐れも。
ガス給湯器はおよそ10~15年、エアコンはおよそ10年、浴室乾燥機はおよそ10~15年程度の耐久年数と言われています。

オーナー様所有物件の付帯設備にトラブルが発生した場合、バンズシティが責任を持ってスピーディーに対処するように尽力します。
当社では、オーナー様のご負担を軽減できるよう、修繕できるものは原則修繕する姿勢で対応。また、新しく交換が必要な場合は、費用対効果を高められるよう、最善の解決策をご提案させていただきます。
原状回復工事を実施する際には、オーナー様のご理解のもと、空室時間を短縮できるよう迅速な工事を心がけております。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
株式会社石川
特別な食材は特に使わずにできる、堅苦しくなく、食べて美味しいと思う料理で料理好きな方が出来そうで、出来ないメニューが並ぶフランス料理屋
株式会社ジャパンビジネスラボ
キャリア、あるいは語学学習の支援を通じて「人々の人生を輝かせる」ことを目指す企業です。
東急リニューアル株式会社
建物を次世代へ「東急リニューアル」

戻る