住まいの力の明日を考える

東新住建株式会社

企業URL
http://www.toshinjyuken.co.jp/

地域の住宅産業に40年余り 本当に欲しいものをカタチにする家づくり

東新住建株式会社

事業内容 建築業・不動産業
所在地 稲沢本店 〒492-8628 愛知県稲沢市高御堂一丁目3-18 稲沢本店
TEL
企業URL http://www.toshinjyuken.co.jp/

東新住建株式会社
 
プロフィール
東新住建は、住宅の総合産業としてみなさまの暮らしを支えます。

不安なく快適な暮らしを営んでいくためには、安心して生活できる安全な環境が必要となります。住環境が整って、はじめて豊かに過ごすことができるのです。
私たちは、環境の配慮や地震対策はもちろん、住宅供給のシステム開発など、住まいの安心に関わることを幅広く手掛けております。

家造りは、決まったカタチに造り上げるのではありません。
家族の数だけライフスタイルがあり、それぞれの家族によって住みやすい家というのは違うのです。造る側には、住む人が思い描く“素敵な暮らし”に応えられる能力が求められます。

東新住建が常に考えているのは、家族の夢を叶える家づくりです。設計家の感性光るデザイナー住宅や資産価値の高い分譲住宅など、様々なタイプの住宅をご用意しております。
安全性能、安心性能、快適性能、そしてデザイン力を兼ね備えた住宅は、どこにも負けない自信があります。
東新住建は、住む人が持つライフスタイルの夢の実現のため、全ての力を家造りに注ぎ込みます。
<登録許可>-------------------------------------------------------------------------------------------------
宅地建物取引業免許:国土交通大臣(2)第7873号
特定建設業許可:愛知県知事許可(特-29)第61271号

住まいへの理想をカタチに

1976年7月20日、東新住建は愛知県稲沢市に誕生しました。以来、住みたいをカタチにするための家造りに取り組んでおります。10家族あれば10種類のライフスタイル、100家族あれば100種類のライフスタイルにお応えします。

家族の夢を実現する家づくりとして最初に生まれたのが、木造メゾネットマンション『DUP』です。1991年にできた都市型プライベートマンションで、マンションでありながら戸建て感覚で住めるという特徴があります。ヤングファミリー向けで長年人気のマンションです。
その2年後に「ザ・借家」を開発します。従来の賃貸住宅では難しかった長期安定経営が可能になり、これまでに10,000戸の実績があります。バブルが崩壊した当時、繊維不況や税制改正などさまざまな出来事が重なり、日本では賃貸住宅が空室だらけという状況が続きました。そんな中、東新住建は入居者が本当に望む住宅を開発しました。入居抽選会が行われるほど大人気となったザ・借家の魅力はいまだ衰えず、現在入居率は97%となっています。

その後も様々な研究開発を続け、2005年には東新住建が発展する大きな出来事が続きます。
初となる海外工場を中国・上海に建設し、タイルパネルの大量生産が可能になりました。
また、福祉型コミュニティ「マザービレッジ岐阜」が注目され、住む人々が安心できる街づくりに取り組んできた東新住建の集大成であるプロジェクトが成功を収めました。

その後は、耐震性の高さや環境への配慮に注力し、長く住める家造りを行っています。常に時代の一歩先を見据え、お客様が求める住まいを提供してまいります。

環境から住まいの安全を整える

家を新しく建てたり探す際に考えるのが、間取りや立地、デザインだと思います。快適に暮らしていくためにどれも必要な要素ですが、“安心して長く住み続けられる”ことも大事な要素です。
健康に住めること、自然災害が起きた場合も生活を続けていけること、ローンの負担を減らすことなど、さまざまな安心・安全を確保する必要があります。建物の資産価値を維持していくためにも豊かな暮らしを営むことは重要なのです。戸建て住宅でも、事業用アパート建築でも重要性に変わりはありません。

住宅産業において、東新住建が果たすべき役割はいったい何でしょうか。今求められていることは、単に建物を建てるということではなく、住まう人たちへ安心をご提供することだと考えました。建物の性能について求められていることは年々高まっています。多彩なお客様ニーズにお応えするためには、住まいにおける“総合力”が欠かせないのです。

東新住建は約40年で2万2000棟以上の住宅を世に送り出してきました。
安心をお届けするために工夫を重ね、時代の要請に応えながら1棟1棟を建てています。
これまでに培ったノウハウと知恵を生かし、これからもより顧客満足度の高いご提案をしてまいります。

リアルな暮らしが感じられる住宅展示場

東新住建は、愛知県にて4つのギャラリー・住宅展示場を公開しています。いくつか紹介します。

・清須市【名古屋西展示場】
FREE(自由設計)の開放感あふれる都市型住宅です。リビングには大きな吹き抜けがあり、室内を明るく照らしてくれます。光と風が心地よく行き交うここは、程よくプライバシーも守れるよう設計されているので、同じ家にいながらも独立と調和を緩やかに築くことができます。

・北名古屋市【ギャラリー北名古屋】
先進技術を取り入れた家づくりが体感できる住宅展示場です。平面の間取りがVRで立体に見たり、東新住建の家造りをiPadで説明します。木地仕上げコーナーでは、木のぬくもりを感じて学ぶことができます。楽しみながら学べるギャラリーとなっています。

・春日井市【ギャラリー春日井】
東新住建の家造りをiPadでわかりやすくご覧いただけます。太陽光発電搭載住宅発電シェルターハウスのことが見てわかるようになっており、モデルルームも併設していますので実際の住まいの感覚もご体感いただけます。

・稲沢市【ギャラリー稲沢】
東新住建本社に併設するギャラリーで、東新住建の家づくりの歴史が学べます。地震で家が傾いたときにどれほどのものか体感できる床や、最新のインテリアなどもご覧いただけるように設えた楽しめるギャラリーです。

最長60年保証で安心

東新住建は、アフターメンテナンスに力を入れています。
財産である住まいを末永く大切にしていただきたいという想いから、一般社団法人MEASと提携して長期保証に対応しています。お住まいをお引渡しした日より、20年間以降は5年又は10年と延長を継続していただくと、最長60年までの長期保証いたします。

また、当社は住宅瑕疵担保責任保険(ハウスプラスすまい保険)に加入しているので、もし倒産した場合、お引渡し日から10年間は躯体・雨漏り等があっても保証されます。

地盤保証は安心の20年間。SWS試験に加えて、SDS試験という2種類の試験を行うことで、長年の補償を可能にしています。SDS試験は地盤の土質を判断する能力が優れており、地盤の評価を的確に行う際に実施する試験法です。

長期に渡って住宅の品質を維持するためには、定期的な点検も必要となります。6ヵ月目、1年目、2年目、5年目、10年と無料点検を5回行っています。臨時訪問も実施しており、万が一不具合が生じた場合はいつでも迅速に対応いたします。

女子レスリングを応援します

東新住建では、競技活動を応援するための新たなチャレンジとして、「東新住建女子レスリング部」を発足しました。愛知県の至学館大学女子レスリング部を住まいを通じてサポートしています。さらに、当社の社員、そしてレスリング部の部員として、2014年に伊藤彩香選手、翌年に登坂絵莉選手、2017年に土性沙羅選手を迎え入れています。

私たちが至学館大学女子レスリング部の栄和人監督と出会ったのは、2012年のロンドン五輪がきっかけです。レスリング女子55キロ級の吉田沙保里選手が世界大会13連覇という偉業を達成しました。これを祝福するための世界ギネス認定イベントでスポンサーを務めたのが東新住建だったのです。そこで栄和人監督と出会い、レスリング部が誕生するきっかけとなりました。

栄監督が指導をしている至学館大学は、東新住建と同じ愛知県にあります。私たちには、地元企業として中部地区の活性化に務める役割があります。栄監督が指導する選手たちが卒業後も続けていく競技生活を応援し、勝利までの道をサポートすることは社会に大きく貢献することとなるでしょう。そして、アスリートたちを正社員として当社に迎える事は、東新住建にとっても大きなプラスになると思います。

全国にいるレスリングを志す少女たちは、至学館大学に集まってくるのです。不安を抱えながら集まってくる彼女たちに安心して生活できる場を提供したいと私たちは考えています。そして、独自のノウハウを活かし、大学の近くに専用の寮を建てました。最適な住環境を提供することで、より練習に打ち込んでいただけるではないかと思います。
東新住建は夢に向かって挑戦し続ける若い世代を、万全な体制で応援いたします。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
株式会社トーシンパートナーズ
共存共栄の、あしたをつくる。
株式会社地域科学研究所
ICTで地域社会の未来を創造する
株式会社mooble
「難関私大専門塾マナビズム」の運営