美容・医療の力の明日を考える

ケアボット株式会社

介護現場のノウハウと、異業種との連携で生まれたケアボットのロボットがこれからの高齢者の安心・安全に貢献し、人間との新たな未来を創ります。

ケアボット株式会社

事業内容 介護ロボットの企画・販売
所在地 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-19-6 ヤサカ八丁堀ビル1F
TEL 03-6222-1062

ケアボット株式会社
代表取締役社長 本谷 春洋
プロフィール
ケアボット株式会社は、介護サービスのセントケア・グループと車載機器メーカーであるクラリオンとの異業種提携による介護事業初の本格的な介護ロボットの企画・販売会社として設立されました。
介護現場への普及促進として、介護保険の適用や、介護ロボットの開発と普及を目的とした国の施策が期待される中、介護業界では、現場でのノウハウを活かした異業種連携による商品開発の動きが活性化しています。
ケアボットは今後も、介護現場の知見を活かし、現場のスタッフや高齢者のニーズに応じた「現実的な価格と現場で使える介護ロボットの実現」と、「人とロボットの関係性の創造」を目指します。

御社の介護ロボット事業について教えて下さい。

服薬支援ロボット

介護サービスを受けるお客様の安全と利便性、そして介護者の負担軽減と人材確保、効率的な介護サービスは今後増々重要であり、そこに介護ロボットの存在意義があると思います。また介護の主体はあくまで人であり、その中での介護現場の需要に沿った開発が今後増々必要になるでしょう。その中で、第一弾としてリリースしたのは、介護現場でもニーズが高いとされる服薬支援に関するロボット「服薬支援ロボ」です。これは高齢者の方に限らず、薬の過剰摂取や飲み忘れ、飲み間違いを防ぐと共に、服薬に関する自立支援をも視野に入れた製品で、利用者の方の安全性と介護者の人々の負担軽減を目的とします。ケアボットは介護のセントケアから生まれた介護ロボットの企画・販売会社として、これからも介護の現場からの現実的なニーズ、運用、費用を反映した介護ロボを、各メーカーの方々と作り販売して行きたいと考えています。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
リネットジャパングループ株式会社
「宅配リサイクル」で、泥臭く、世界を変えていく。
株式会社日本水道センター
トイレのつまり・水もれなど、水のトラブルなら日本水道センター
株式会社インフォマート
取引関係のある企業と企業を、社内を、ビジネスパーソンをつないで結び、会社経営、ビジネススタイルを大きく変える