美容・医療の力の明日を考える

株式会社光英科学研究所

企業URL
http://www.koei-science.com/

健やかな腸内フローラへ 乳酸菌を科学し健康な未来に寄与する乳酸菌生産物質の光英科学研究所

株式会社光英科学研究所

事業内容 1969年創業。寿光製薬の創始者・正垣一義より継承した「乳酸菌培養技術」を礎に、「乳酸菌生産物質で、世界人類の健康増進に貢献する」という企業理念を基に、バイオジェニックス理論に基づく研究事業、機能性食品事業、培養事業を中心に主に原料メーカーとして事業展開を行っています。16種35株の乳酸菌・ビフィズス菌を元菌とした独自の培養技術よる弊社の「乳酸菌生産物質」は、健康食品原料として幅広く利用されております。
所在地 本社所在地 〒351-0115 埼玉県和光市新倉5-1-25
TEL 048-467-3345
企業URL http://www.koei-science.com/

株式会社光英科学研究所
代表取締役社長 村田公英
プロフィール
むらた きみひで:株式会社 光英科学研究所(こうえいかがくけんきゅうじょ)代表取締役 社長

昭和15年 山口市生まれ。上京後、電子工学系専門学校在学中に、乳酸菌生産物質の生みの親でもある「正垣 一義 」氏が経営する「義報社」に入社。
入社後は「大谷光瑞農芸化学研究所」に配属。正垣氏に指導を受けながら、乳酸菌の培養技術を学ぶ。
昭和44年 正垣氏より命を受けて、乳酸菌生産物質の研究機関として「光英科学研究所」を設立。
平成6年 法人化と同時に代表取締役となり今日に至る。

光英科学研究所について

社屋外観

乳酸菌生産物質という言葉をご存知でしょうか。乳酸菌とは少し違います。

結論からいえば、ヒトが健康に生活していくのに必要不可欠な物質であり、みなさんの腸内に生まれたときから住み着いている腸内細菌の中の善玉菌グループが、毎日作り出している大切な物質のことです。

これは、主にビフィズス菌や乳酸菌等によって作られています。乳酸菌生産物質は「乳酸菌代謝産物」とも言われ、腸内細菌のバランスを正常に保持し免疫等に関与して、ヒトの健康を維持しています。

弊社は、昭和44年に、日本における乳酸菌生産物質の草分けであり、第一人者である正垣一義氏によって研究専門機関として設立の命を受け、乳酸菌の共棲培養技術を踏襲し、現在に至ります。社名の『光英科学研究所』は、正垣一義氏によって命名されたものです。

乳酸菌生産物質について ~光英科学研究所代表より~

乳酸菌の新しいステージ 「バイオジェニックス」という考え方

善玉菌ビフィズス菌

乳酸菌生産物質原液

「バイオジェニックス」とは、東京大学名誉教授の光岡知足先生によって近年提唱された言葉です。光岡教授の定義では、直接、あるいは腸内フローラを介して「免疫賦活、コレステロール低下作用、血圧降下作用、整腸作用、抗腫瘍効果、抗血栓、造血作用などの生体調節・生体防御・疾病予防・回復・老化制御などに働く食品成分」と説明されています。

このバイオジェニックスの代表格といえるのが乳酸菌生産物質です。これは乳酸菌の「代謝物の総称」であり、腸内でビフィズス菌など善玉乳酸菌が作りだす物質のことを指します。

乳酸菌というとプロバイオティクスという概念が一般的ですが、善玉菌をいくら摂取しても腸内で発育・定着させることが困難と言われているのに対して、「バイオジェニックス」では、……(詳しく読む)

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
株式会社外装専科
過剰·不要不急工事を排除! マンション大規模修繕工事 仕分け人®
株式会社和心
「日本のカルチャーを世界へ」広めるインバウンドベンチャー
株式会社イーセクター
東証一部上場のIT企業である(株)シーイーシーのグループ会社で、セキュリティを中心としたパッケージソフトウエアの販売から保守・運用までをお客様に提供しています。