リフォーム・リノベーションの力の明日を考える

日本駐車場開発株式会社

企業URL
http://www.n-p-d.co.jp/

不稼働資産を有効活用し、世の中に貢献するために、幅広い分野でサービスを展開しています。

実家の駐車場管理から 日本全国の駐車場サブリース事業へ

日本駐車場開発のはじまりは1991年。代表取締役社長の巽が大学卒業後、実家の駐車場を管理することからスタートしました。清掃の行き届いた駐車場はいつも満車状態。あっという間に、近隣の駐車場オーナーから依頼が集中するようになりました。「これはビジネスとして成立する」。そう直感した巽は、実家の一部屋から日本駐車場開発を立ち上げたのです。1994年、東京へ進出。都心部にあるビル駐車場の仲介ビジネスをはじめ、業界初の駐車場サブリース事業をつくりあげてきました。駐車場サブリース事業を進める中でビルオーナー様のニーズを汲み取り、様々な付随サービスも生み出してきました。その結果、2003年2月に新興市場JASDAQに株式公開、翌2004年2月に東京証券取引所市場2部上場、続く2005年1月には同市場第1部上場(JASDAQ上場後史上最速で東証1部へ市場変更)を果たしました。また、近年はビルに入居するテナント企業様向けのサービスメニューも次々とスタートしています。 2016年には別荘分野での新規事業もスタートしました。今後も駐車場だけでなく、不動産という大きな枠組みの中で、更なる資産活用のコンサルティング事業を進めていく予定です。

■事業理念
01 駐車場のサブリース事業から、不稼働資産の活用へ
02 現場のニーズをいち早くキャッチし、新サービスを開発
03 若手社員の活躍が、今後の不動産事業をつくっていく
04 世の中の困りごとをアイデアで解決したい
05 駐車場ビジネスを通じて、商売センスを磨く

日本での成功をもとに、 タイ、中国、韓国、インドネシアへ。世界展開をする「駐車場ビジネス」。

「日本の都心のランドマークとなるような、主要なビルの駐車場を運営したい」。社長の巽が実家の駐車場管理からスタートし、駐車場のサブリース事業をスタートした頃から、そんな目標を胸に事業を進めてきました。一つひとつ物件を取得し結果を出す中で、目標としていた主要なビルの駐車場物件を取得することができました。その後、駐車場事業では、アジアの国々への展開を目指すようになりました。日本駐車場開発グループでは、ASEANの中でも成長率3〜10%を越える国に焦点を当て、グローバル化を進めています。2010年、タイに現地法人を設立。日本で培ったノウハウを活用する形で駐車場事業を進めようとしたところ、想像を越える困難がありました。駐車場ビジネスは、その国の経済発展と直結しています。また、それぞれの国に法規制があります。そういった課題を解決しながら、タイの現地法人設立から約5年で30物件を取得してきました。そして、首都バンコクのランドマークとなる主要なビルの駐車場運営も獲得することができました。現在は中国、韓国、インドネシアにも現地法人があります。今後、フィリピン、ベトナム、ミャンマーなど、アジアの国々で更なる発展を目指していきます。

■事業理念
01 ASEANの加盟国を中心に、駐車場のグローバル化を進めたい
02 まずはタイへ。経済成長や現地の法律に合わせた事業展開
03 交通事故や渋滞を解消することで、アジアの展開に貢献したい

スキー場の再生から スポーツを軸にした事業がはじまった

バブルの頃、日本はスキーブームが起こりました。その後、ピーク時には約2000万人もいたスキー人口が約700万人まで減り、スキー場の売上は減少の一途をたどっていました。2005年、スキー場の惨状をなんとかしたいと立ち上げたのが、日本スキー場開発です。また、スキー場は地域産業でもあります。スキー場を活性化することができれば、過疎化という日本の地域が抱える課題も解決できるのではないかと考えていました。
駐車場事業に次ぐビジネス領域としてスキー場の事業再生を手掛け日本国内7箇所のスキー場、レンタルスキーショップ10店舗を運営し安定的な収益を確保出来るようになってきた2015年4月22日、日本スキー場開発は東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。11年目の現在、8つのスキー場の運営を行い、引き続きスポーツを通して関わる人々をハッピーにする事業を展開していきます。

■事業理念
01 地方創生を含めたスキー場の再生事業、そしてスポーツ・観光事業へ
02 100~200人が力を合わせなければ、決してスキー場を良くならない
03 特産品のブランド化など、スキーシーズン以外の経営を強化
04 短期で転売する事業ではなく、業界を活性化する事業でありたい
05 スキー場を軸に、日本の田舎を元気にしていく

時代の流れとともに生まれた事業「帰国子女向け教育」「カーシェアリング」。

日本駐車場開発グループの教育・環境事業のビジネスは、現在、帰国子女向けの家庭教師事業とカーシェアリング事業があります。教育事業を行うTCK Workshop(以下、TCK)は、海外子女・帰国子女を対象にしたオンライン家庭教師サービスです。社会がグローバル化する中、海外で活躍する日本人が増え続けています。そういった両親をもつ子ども達は、海外で教育を受けることになります。その結果、人格形成と学習を行う大切な時期に、母国語以外の外国語を習得することで精一杯になってしまったり、異文化の中で居場所を見つけられず悩みをかかえる子ども達が少なくありません。適切な支援さえあれば幸せな子ども時代を過ごし、やがて海外での経験をギフトだと感じてもらえるようになるはず。自身も帰国子女である創業者の水田のそういった想いからからはじめた事業です。一方の環境事業を行う日本自動車サービスでは、カーシェアリングをメインに取り組んでいます。車離れが進み、車の所有形態が変化しはじめている時代において、空いている駐車場や不稼働な車を有効活用する事業として生まれました。国内でも広がりつつあるシェアリングエコノミーにおいて駐車場と車をシェアすることで、より効率的な経済活動につなげると同時にカーボンオフセットへ貢献する環境事業でもあります。

■事業理念
01 時代の変化とともに生まれた、新しい世界をつくる事業
02 帰国子女として悩んだ経験が、起業のきっかけとなった
03 異文化理解能力をもつ人材を育成し、社会に貢献する
04 法人のコスト削減や効率化のためのカーシェアリング
05 リース車両の10~20%をカーシェアへ。
そして21世紀のトップ起業へ

ハッピートライアングルをベースに継続して成長できる事業をつくる「新規事業」

日本駐車場開発グループは駐車場のコンサルティング事業からはじまり、スキー場の再生事業や教育事業など、これまでにいろんな事業を立ち上げてきました。そして、今後も新規事業をどんどん立ち上げていく予定です。多様な事業を立ち上げていく中で、私たちは「ハッピートライアングル」という経営理念を大切にしています。オーナー、ユーザー、社会の3つが正三角形を描くように、関わるすべての人がハッピーになるビジネスを、という考え方です。「そのビジネス、おもしろそうだね」となったら、まずはハッピートライアングルで考えてみる。この3つがバランス良く成り立たないと、継続して成長できる事業にはならないからです。逆に言えば、それ以外の制約はまったくありません。ハッピートライアングルが成り立つ事業なら、どんな領域にも果敢にチャレンジしたいと考えています。2011年4月に「Marunouchi Bike&Run」、2015年3月には「Marunouchi Healthcare Lounge」がスタートしました。また、2016年6月には日本テーマパーク開発株式会社を立ち上げ、更なる挑戦を続けていきます。

■事業理念
01 駐車場、スキー、教育ーー。今後も多様な新規事業にチャレンジしていく
02 スポーツツーリズムやヘルスケア施設など、新しい取り組みがスタート
03 スキー場再生事業の経験を活かして、今後はテーマパークの再生へ
04 100人の社長を輩出するために、チャレンジする仲間が必要です
05 ハッピートライアングルが成立するなら、どんな事業にもチャレンジしたい

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
株式会社シティクリエイションホールディングス
「人材を人財に変える」
株式会社光英科学研究所
健やかな腸内フローラへ 乳酸菌を科学し健康な未来に寄与する乳酸菌生産物質の光英科学研究所
ブルーコンシャス株式会社
ブルーコンシャスはエネルギー事業を通して「今よりもより快適に賢い暮らし」=「スマート&スマイルな街づくり」を実現します