住まいの力の明日を考える

株式会社トルネックス

企業URL
http://www.tornex.co.jp/

日本の社会に「分煙」という言葉を広めてきた フロンティア精神はいまも健在です。

株式会社トルネックス

事業内容 1.喫煙所システム トルネックス・シリーズの開発・製造・販売・保守
2.電気機器製品の販売及び施工
3.空気調和機器の製造、販売及び施工
4.エアカーテン、局所排気・集塵脱臭装置の製造・販売・施工
5.事務用品及び家庭用家具の製造・販売・施工
6.OEM事業
7.室内清掃事業及び塗装、内装仕上工事業
所在地 本社 〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町6-6 小倉ビルB1
TEL 03-5643-5800
企業URL http://www.tornex.co.jp/

所在地 大阪支店 〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-9-13 NLC新大阪8号館
TEL 06-6100-0800

所在地 名古屋営業所 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-23-16 タキビル
TEL 052-533-0130

所在地 福岡営業所 〒812-0892 福岡県福岡市博多区東那珂1-9-49
TEL 092-432-8550

株式会社トルネックス
代表取締役 松井 周生
プロフィール
生年月日:昭和39年8月17日
卒業校:東洋大学 経済学部/米国モンタナ州立モンタナ大学 ビジネス学科
トルネックス入社:平成4年4月
トルネックス代表取締役就任:平成9年7月

世界でも高い評価を受けるトルネックスの特許技術

日本をはじめ、アメリカやヨーロッパでも高い評価を受け、世界で特許を取得しているトルネックスの技術力。
同一方向に風を送り出し、旋回気流を作ってタバコの煙を吸引する「人工竜巻形成技術」は、もともと扱っていたエアカーテン技術の構造を検証していた際、偶然発生した竜巻状の流れが開発のきっかけでした。
竜巻の特性である「渦収束性」という回転をしながら真ん中に集まる気流。この気流を局所排気の分野に活用すれば、ある一定の範囲を効率的に排気できるというアイデアから、人工竜巻形成技術が誕生しました。
トルネックスは、分煙の他、新たな市場に役立てる技術を開発しています。

トルネックスの人工竜巻形成技術の詳細動画はこちら

トルネックスの強制負圧制御技術の詳細動画はこちら

日本の社会に「分煙」という言葉を広めてきた フロンティア精神はいまも健在です。

1968年の創業以来、トルネックスは、室内空気環境(Indoor Air Quality)の改善に取り組んでおります。
大型のエアカーテン設備事業に始まり、「人工竜巻」や「強制負圧」などの独自の気流制御技術を活用した喫煙所システムを開発し、「分煙市場の創出・創世」をスローガンに、日本の社会に「分煙」という言葉を広めて参りました。
フロンティア企業として、これまでに日本をはじめ、アジア、欧米などで、5万件を超える分煙対策のお手伝いをさせて頂いております。

成田空港に喫煙ボックスを設置

羽田空港にトルネックスカウンターを設置

韓国・仁川空港にトルネックスカウンターを設置

トルネックス独自の「電子式集塵フィルタ」を住宅業界に展開 ※特許技術

「電子式集塵フィルタ」とは、金属の極板を数ミリ間隔で積み重ねた構造で、その間に数千ボルトの電圧をかけて粉塵を吸着させます。そのフィルタリング技術を住宅換気用フィルタとして開発。高い集塵力と、長期間変わらない換気量を実現しました。
「電子式集塵フィルタ」は、喫煙所システムをはじめ、クアラルンプール空港ターミナルビルのエアハンドリングユニット、三愛病院(埼玉県)、齋藤シーサイドレディースクリニック(福岡県)の医療施設など、より高いレベルの空気清浄度が求められる分野への導入が進んでおります。

「分煙」以外にもエアカーテン技術を活用

トルネックスは独自の気流制御技術を活用し、空気の壁でタバコの煙をシャットアウトするエアカーテンを日本全国の飲食店に設置してまいりました。開口部からのタバコの煙以外の侵入防止のニーズの高い「虫」に対し、フマキラーと共同で「防虫エアカーテン」を開発し、新たなマーケットにチャレンジしています。

防虫エアカーテンの詳細はこちら

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
日清医療食品株式会社
医療・福祉施設に特化したヘルスケアフードサービス事業を全国展開する最大手企業。2012年からは第2の柱と掲げる在宅配食サービス「食宅便」をスタートしています。
株式会社ベルテックス
老後や将来の不安を、不動産を通じて夢や希望へ変えていく。不動産の潜在力を最大限に引き出し、あなたにとって本当に価値ある資産を創造します
クレバーブリッジ株式会社
多通貨,多言語,多決済対応により、グローバルビジネスを支援