優れた技術力の明日を考える

株式会社和心

企業URL
http://www.wagokoro.co.jp/

「日本のカルチャーを世界へ」広めるインバウンドベンチャー

株式会社和心

事業内容 ◆商品企画・デザイン・製造、店舗設計・運営、WEBデザイン・ECショップ運営
所在地 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-20-12 和心ビル
TEL 03-5785-0556
企業URL http://www.wagokoro.co.jp/

株式会社和心
代表取締役社長 森 智宏
プロフィール
1996年「かすう工房」を創業。1999年渋谷区代官山にて和製シルバーアクセサリー「かすう工房」をオープン。同時にインターネット通販事業を開始。
2003年2月「株式会社和心」として法人化。
伝統意匠とアクセサリーの融合をテーマとする「かすう工房」をはじめとした自社ブランドの企画・製造・販売、ECサイト、店舗設計・運営をすべて自社内で行う独自のSPAビジネスモデルを築いたクリエイティブベンチャー企業。
現在は、国内直営店28店舗を展開(ブランド直営店23、着物レンタル店5店舗)する。
また、その経営資源をリソース化しOEM事業を展開。韓国・タイでの製造・販売、そしてWEB関連の一手を担うベトナムと、国内のみならず世界に活躍の場を広げる。
高収益ビジネスを作り上げ、経営理念である「日本のカルチャーを世界へ」広め続けるインバウンドベンチャー企業としても躍進を続けている。

「日本のカルチャーを世界へ」広めるインバウンドベンチャー企業のスタート

―起業のきっかけと当時の想いについて教えてください。

「僕の家系は経営者が多い為、小さな頃から自分自身も、いつかは社長になると思っていました。そして言われていた事は「好きで、得意で求められていること」を仕事にする事。そこで、当時好きだったシルバーアクセサリーを軸にした仕事をしようと。では求められていることは何だろうと考えた結果、「和」を取り入れた格好いいシルバーアクセサリーは市場にないことに気がつきました。では、和のシルバーアクセサリーに必要なものは何かと。それは技術、デザイン性は勿論のこと、この国の長い歴史に育まれたアイデンティティが詰まっているものではないか、そしてこの国のアイデンティティが世界に行ったら面白いかなと思って仲間と1996年に起業したのが「かすう工房」です。」

―起業してから今までその想いは変わることなく躍進を続けられていると思いますが、その理念を達成する為に行動されていることは何でしょうか?

「弊社の理念は、「日本のカルチャーを世界へ」というシンプルなものです。弊社で働いている仲間はその理念を理解してくれています。そしてその理念に共感してくれた仲間は今でも一緒に同じ会社で働いています。
とてもシンプルな理念ではありますが、会社の規模が大きくなるにつれ、この理念を達成する為にどのような行動をすべきか社内に伝わりずらくなった。そこで「行動指針」を作りました。当たり前の事を書いただけですが、これを理解してくれるスタッフは、遅刻もしないし掃除もきちんとするし、みんな真面目に働いてくれます。国内のみならず、事業を展開している韓国・ベトナム・タイのスタッフも理念、行動指針を理解して動いてくれる。だからこそ、毎年売り上げを伸ばし、スピードを高く事業を展開していくことができると考えています。」

経営リソースを最大限に発揮する超SPA業態

―御社の主な事業とその展開を教えてください。
「日本の伝統意匠とアクセサリーを融合し全て手作りで仕上げている「和風シルバージュエリー・アクセサリー」のブランド。そのメインブランドを軸に、日本で唯一のかんざしセレクトショップ「かんざし屋wargo」、帯留めを扱う「おびどめ屋wargo」、和傘など高感度な和の装飾品ブランドを展開しています。そして着物のレンタルとヘアセットを提供する「京都きものレンタルwargo」があります。
これらのコンセプトは全て「かすう工房」を軸とした「装飾品」か「服飾品」。その展開方法を分かりやすく言うと、バスケットボールのテクニック、”ピボット”。”ピボット”は、片方の足を軸に方向を変えながら次の戦略を考える。もし難しければ、軸足に戻ってパスをするかシュートをするか…。弊社の事業展開は、まさにその”ピボット”。経営リソースを最大限に発揮できるものを常に考え実行するだけです。その根拠は、自信があるからではなく、結果として売上・利益の実績があるからです。」

―高い収益性を更新し続けているその秘訣は何でしょうか?
「商品企画・デザイン・製造、店舗設計・施工・運営、販売(店舗・ネット)をグループ会社を含む自社内で徹底して行う超SPA業態が強さの秘訣です。クリエイティブワークを自社で完結することで、こだわりを持ったクオリティの高い商品を、お客様の求める旬な時期に価格を安く提供し続けることが可能となります。そしてその経営資源をリソースに、OEM事業を展開しています。また、弊社が戦う市場は、いわゆる「衰退産業」と呼ばれている業界です。ここで、新しい考え方を持った僕達がスピードとクオリティの高い商品・サービスで勝負をすれば、どこよりも収益力を高めていくことが出来る。その結果が実績に現れているのかと思います。」

上場を視野に、大きな舞台で更なる高みを目指す

―これからさらなる躍進を続ける御社ですが、今後はどのような展開を検討されていますか?
「去年の10月に京都に出店してから、現在5店舗を展開している「京都着物レンタルwargo」。こちらの事業拡大を行います。この「京都着物レンタル」は、ブランド品を含む高品質な着物を4,000着以上揃えた豊富な品揃えはもちろんのこと、着物のレンタル費用・小物代・着付けを2,900円(税抜)という低価格でご提供し、かつ弊社の人気ブランド「かんざし屋」のかんざしを無料でお貸出しをするサービスです。また、ご希望の方には900円(税抜)からヘアセットをすることが可能です。京都観光を着物で楽しみたいというお客様のニーズは大変多く、おかげさまで1日200人を超えるときもあります。更なるニーズにお応えするべく、今年の11月には二年坂、12月26日には心斎橋大丸にて新店舗をオープン予定です。
この事業については、店舗でのレンタルだけではなく、ネットでのレンタル、そしてその先には着物の販売も視野に入れています。現在着物を購入するには敷居が高い、料金が高そう、着付けが難しそうと曖昧な不安を抱えている日本中の皆様に、もっと気軽にもっと格好よく着物を楽しんでほしい。そしていつかは、男性も気軽に楽しむことが出来る着物の文化にしていきたいと考えています。
また、これからの日本経済を支えるに重要な存在となる訪日観光客に向けたインバウンド市場に力をいれていきたいと考えています。これは、僕達の理念を達成するためにも必要な市場です。多くの外国人観光客に着物や和のアクセサリーをもっと身近に格好いいものを触れ、日本のカルチャーを体験してほしいと考えています。その為にもインバウンドベンチャー企業としても更なる高みを目指したい。そのためには、上場して、より大きな舞台で活躍していきたいと考えています。是非、楽しみにしていてください。」

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
パシフィック・アセット・マネジメント株式会社
不動産投資、それは人生を楽しむための知恵。パシフィック・アセット・マネジメントは、投資家の皆様に私たちだけの知恵を提供する存在であり続けます。
株式会社ツツミワークス
マンション大規模修繕工事の施工を主力業務とし、平成9年に会社を立上げ、今日迄、5千件を超える、あらゆる建物のリニューアル、リノベーションを手がけてきました。
株式会社コムデザイン
「人と人を結ぶ」をモットーに、コールセンター運営に必要なCTI機能を、安価で柔軟なクラウドサービスで提供しています。