優れた技術力の明日を考える

株式会社日水コン

企業URL
http://www.nissuicon.co.jp/

私たちは、「水」を総合的に扱う建設コンサルタントです。潤いある未来のために、人々の生活に欠かすことのできない水環境というインフラを、優れた技術によって支えます。

株式会社日水コン

事業内容 上下水道から河川・湖沼、沿岸海域の治水・利水・環境管理、産業排水・都市廃棄物の処理や資源循環までの水環境事業における総合コンサルティング
所在地 〒163-1122 東京都新宿区西新宿6丁目22-1 新宿スクエアタワー
TEL 03-5323-6200
企業URL http://www.nissuicon.co.jp/

株式会社日水コン
代表取締役社長 野村 喜一
プロフィール
■「水環境」技術に特化した総合コンサルティング企業
当社は、上下水道から河川・湖沼、沿岸海域の治水・利水・環境管理、さらには産業排水・都市廃棄物の処理や資源循環までの水環境事業において技術を提供する水コンサルティング企業です。日々の生活やすべての産業に欠かすことのできない「水環境」というインフラを、基本構想や事前調査から計画、設計、工事監理まで一貫して手掛けることのできる総合力によって、全国の公共事業を支えてきました。土木や建築といった技術領域だけでなく、水処理施設で必要となる機械・電気の技術から化学・生物・ITに至るまでの高度なナレッジを有したスペシャリスト集団です。

社名の由来を教えてください。

西新宿の本社ビル

ロゴマークは、社名と水をイメージ

当社は、「日本水道コンサルタント」という社名で国際的な技術コンサルタントを目指して昭和34年に創業いたしました。当初は水道・下水道への対応が主でしたが、その後河川や環境部門へも業務分野を広げてきたこともあり、水道のみを連想させる旧社名を変更しよう、ということになり、昭和58年に現在の社名「日水コン」に改称しました。お客様から旧社名を縮めて「日水コンさん」とよく呼ばれておりましたので、それをそのまま新社名にしたのです。

業務内容はどんなことをしていますか?

「建設コンサルタント」とは、官公庁および民間企業の建設プロジェクトにおいて、計画・調査・設計・施工管理などの業務を提供する専門技術者集団(場合によっては個人)です。日本では昭和34年の建設省事務次官通達により、任意の事業について原則として設計業務を行うものに施工を行わせてはならないという、いわゆる「設計・施工分離の原則」が明確化され、施工は行わず設計を専門に行う建設コンサルタント業が確立しました。最近では調査・設計のみならず、環境保全意識の高まりや社会ニーズの多様化に応じ、上下水道事業の効率的経営支援や市民の社会合意形成支援といった新しい役割も我々コンサルタントが担うようになっています。
当社は、その中でも「水」に特化した建設コンサルタントとして今年創業57年を迎え、上下水道部門では業界最大手となっています。

消化タンク(下水)

北千葉浄水場

中央監視室(下水)

御社の理念を教えてください。

当社には、1962年に制定され、以来社員の心のよりどころとなっている「社是」があります。

「高度の技術を提供し、社会公共のために奉仕する。
品格を高め、和衷協同の実をあげる。」

前段では社業存立の目標が示され、たゆまぬ研鑚に基づく「高度な技術」の提供により、社会基盤をしっかりと支え、公共の福祉に寄与することを表現しています。
また、後段においては、社員の心構えが示され、常に「品格」の向上に努め、「和」を以て互いに協力し、会社の社会的使命実現に貢献することをうたっています。

御社にはどんな社員がいるのですか?

お客様との打ち合わせ

当社を支えているのは、理系、それも土木系の技術者達。自ら課題を解決するプロ集団です。当社は、企業サイトを見ていただいてもわかるとおり、様々な分野の技術部門を擁しています。水道、下水道、河川、環境・資源(廃棄物等)、建築プラント機械、電気、構造、生態、化学・・・。約600人の幅広い分野の技術者が、日夜研究を重ねて、より新しく、より高度な技術を生み出しています。
私たちが使う水は、河川から取水(しゅすい)し、浄水場で浄水処理をし、利用者へ配水を行い、料金を徴収、それらを使用して排水したものを下水処理場でさらに浄化したうえで河川に流出する、という一連のライフサイクルがあります。日水コンは、さまざまな技術部門を擁することにより、これらの一連のサイクルに対してトータルに対応できるというわけです。そこが我々の最大の強みと言えると思います。

水インフラの課題を教えてください。

ISO55001認証授与

海外での打ち合わせ風景

当社は、従来の「官」発注業務に依存するのではなく、自らが仕事を作り出し、新たな時代に対応していこうと考えています。
我が国では、高度経済成長期に急激に整備された膨大な社会インフラが、ここ数十年の間に経年劣化による更新時期を迎えます。しかし、国や地方公共団体は、現在でも人員不足、財政の悪化がすすみ、維持・管理にかかるコストを極力減らす工夫が求められています。
このような、施設の効率的な維持管理や補修などをどのように行うかといった技術体系及び管理手法が、アセットマネジメント(資産管理)です。
弊社は、建設コンサルタントとして国内で初めて、そして海外を含めても2例目となるISO55001(アセットマネジメントシステム)の認証を、水道事業部、下水道事業部、情報システム部において取得いたしました。施設(=社会資産)の所有者ではない当社が資産管理について第三者から認証を受けたことは、われわれコンサルタントが新しい分野に乗り出していく第一歩となると考えています。
さらに、海外事業においては、従来はODA 案件中心でしたが、今後はそれに加えて現地政府発注案件や民間案件への領域の拡大も考えています。

この企業をご覧の方におすすめのページこの企業をご覧の方におすすめのページ
スターフェスティバル株式会社
たくさんの人が集まる時間を、もっともっとハッピーに。日本全国のオフィスに、ごちそうをお届け。
株式会社レヂトン
「切る」「削る」「磨く」をサポートする総合メーカーへ。
株式会社光英科学研究所
健やかな腸内フローラへ 乳酸菌を科学し健康な未来に寄与する乳酸菌生産物質の光英科学研究所